劇場版 仮面ティーチャー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「さあ、課外授業を始めよう。」


2014年2月22日公開
監督:守屋健太郎 出演:藤ヶ谷太輔・菊池風磨・ジェシー 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・乱闘シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん主演のテレビドラマ、その映画化です。原作は「GTO」の藤沢とおるさんです。
 舞台は近未来の日本。体罰が禁止され、教育現場は無法地帯と化していました。これに対し政府は、特命教師を全国に派遣。生徒達を更正させるために、仮面をつけて力を行使することを許可しました。これが、「仮面ティーチャー・プログラム」です。その1人、華空学院に派遣された荒木剛太は、むやみに力を使うのではなく、心で生徒達と向かい合うことで、少しずつ生徒達との間に絆を作っていくのでした。
 ・・・っていうのがテレビドラマ版のあらすじ。映画版では、平穏を取り戻した学院に突如、新たな仮面ティーチャー・羅門(遠藤憲一)と阿南(原幹恵)がやってきます。彼等は「学院の風紀を正す」と称し、“指導”という名の下、恐怖と暴力で生徒達を取り締まっていきます。
 実は羅門は、剛太のかつての恩師。高校時代に荒れていた剛太は、羅門の愛のある拳に打たれ、やがて教師を目指したという過去がありました。そんな剛太は、愛が皆無となった羅門の指導に疑問を抱き、彼に真っ向から戦いを挑むのでしたが・・・。
 原作やドラマを知らなくても、冒頭で全部説明してくれるので、大丈夫です。定番といえば定番ですが、熱い青春ムービーです。“力”でしか生徒達と向き合えない時代に、“力”を持つはずの仮面ティーチャーが、その“力”をどう使って生徒達を変えていくのか、その真っ直ぐな姿に心打たれます。
 暴力シーンは勿論沢山ありますが、自分を見失いそうな時に、是非観てほしい作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/