キック・アス ジャスティス・フォーエヴァー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

エログロあるけど、〝自分探し"にピッタリな青春アクションムービー!!


2014年2月22日公開
監督:ジェフ・ワドロウ 出演:アーロン・テイラー・ジョンソン クロエ・グレース・モレッツ ジム・キャリー 他


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・少しだけあり


 あの正義感だけのなりきりヒーローが帰ってきました。しかも今回は団体戦!?ヒーロー軍団と悪党軍団が入り乱れて大バトルを繰り広げます。
 前作で父親を失ったヒット・ガールことミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)は、ヒーローとしての活動を封印し、普通の高校生としての生活を送ろうとしていました。一方、キック・アスことデイヴ(アーロン・テイラー・ジョンソン)は、急にヒーローをやらなくなったミンディを淋しく感じながらも、インターネットで集まってきた、スティーブ大佐(ジム・キャリー)を始めとする新たななりきりヒーロー達と、“ジャスティス・フォーエヴァー”を結成。街の平和を守るべく、戦い続けていました。
 時を同じくして、前作でマフィアだった父親を殺されたレッド・ミストことクリスが、キック・アスへの復讐を決意。名前もマザー・○○ッカーと改め、凶悪犯や囚人達を取り込み、一大悪党勢力を結成しつつありました。
 一方、ヒット・ガールを捨てたミンディは、“ヒーローとしての自分”と“女子高生としての自分”の間で葛藤。同級生達のイジメも重なり、彼女は再びヒーローとしての自分を思い描くようになります。
 そんな中、“ジャスティス・フォーエヴァー”のアジトがマザー・○○ッカーの襲撃に遭い、スティーブ大佐が惨殺されてしまいます。警察によってなりきりヒーロー狩りも始まり、キック・アスはいよいよ厳しい立場に追い込まれていくのでしたが・・・。
 前作の知識は・・・なくても割と平気ですが、やっぱりあった方がより楽しめるかと。R-15なので、描写はメッチャグロいです。汚い言葉も使いまくりです。クロエさんも連発してます(笑)。
 ただ、そんな中にあって、テーマは極めて一貫しています。「本当の自分とは?自分の本当の生き方とは?」そんなことを真っ直ぐに問いかけてきます。
 賛否両論はありそうですが、個人的にはグロいのが大丈夫でしたら、是非オススメしたい作品です。あ、エンディング後も映像ありますので、そちらもお見逃しなく。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/