土竜の唄 潜入捜査官REIJI | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

好みは真っ二つ。エログロオッケーなら是非。


2014年2月15日公開 監督:三池崇史 出演:生田斗真・堤真一・仲里依紗 他


ラブシーン・・・メッチャあり
グロシーン・・・暴力シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 監督・三池崇史、脚本・宮藤官九郎、主演・生田斗真という最強の組み合わせの、バイオレンスアクションコメディです。
 乱暴者でいい加減だが人一番正義感の強い交番勤務の巡査・菊川玲二(生田斗真)はある日、突如として懲戒免職を言い渡されてしまいます。納得出来ない玲二は署長(吹越満)に掴みかかりますが、その時署長から一言。
「合格。」
 実は玲二が懲戒免職になったのには理由があり、表向きには一般人になった玲二に潜入捜査官になってもらい、麻薬を若者にばらまく暴力団・数寄矢会の会長・轟周宝(岩城晃二)を逮捕する証拠を掴んでもらおうというものでした。
 正義感の強い玲二はこれを了承。ちなみに適性試験はこの後も続き、規格外の反応を見せる玲二は、ことごとく合格。晴れて潜入捜査官として、まずは数寄矢会傘下の阿湖義組の若頭・クレイジーパピヨンこと日浦匤也(堤真一)に接近し、義兄弟の契りを結びます。
 ところが、ことは順調には進まず、轟の懐刀である月原(山田孝之)や、関東進出を狙う蜂乃巣会の猫沢(岡村隆史)、そして玲二の恋人の婦人警官・純奈(仲里依紗)をも巻き込んで、三つ巴、四つ巴の抗争劇の幕が上がります。果たして、轟周宝までたどり着けるのか、緊迫した潜入捜査が続くのでした・・・。
 アクションシーンは結構グロいです。さすが三池監督、遠慮なしです。ラブシーン系も多目なので、あまりお子様向きではないですね。
 展開はもちろんハラハラドキドキの連続ですが、基本的には爆笑というよりは、クスッと笑えるシーンが多いです。アッキーナは反則でしょう(笑)。
 確実に好みは真っ二つに分かれると思いますが、ある程度エログロに耐性のある方ならば、充分楽しめると思います。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/