ザ・イースト | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ミイラ取りがミイラになる・・・のか!?


2014年1月31日公開
監督:ザル・バトマングリ 出演:ブリット・マーリング アレキサンダー・スカルスガルド 他


ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・手術シーンはかなりグロい
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・ところどころあり


 環境テロ集団に潜入した女性の苦悩を描くサスペンスです。
 主人公・ジェーンは、元FBI捜査官。今は、民間の調査会社の潜入調査員。今回彼女が任命されたのは、環境汚染をしている企業への攻撃を企てる“環境テロ集団”の実態を調査すること。彼女は“サラ”と名前を変え、ある集団“ザ・イースト”へと潜入を試みます。
 そのリーダーは、ベンジーと名乗る男。彼等はゴミを漁って食事にし、環境汚染企業の情報を収集。「目には目を、歯には歯を。」というべき方法で、襲撃を計画していました。即ち、有害な抗生物質を売る製薬会社のパーティーで、問題の抗生物質をシャンパンに混ぜたり、河川に廃棄物を垂れ流す企業のトップを、その河川に突き落としたり・・・といった具合。
 当然ジェーンも最初は、彼等の情報を逐一報告。しかしやがて、彼等のことを知れば知るほど、「果たして本当に悪いのは誰なのか?」という疑問に苛まれるようになります。そしてある日、メンバーの1人が襲撃中に銃殺されてしまうという事件が発生。ジェーンが最終的に下した決断とは・・・。
 潜入調査のお話だけあって、最初から最後まで緊張感が続きます。ラストは若干尻すぼまりな感はありましたが、それでも主人公の決断が読めないので、ハラハラします。
 手術のシーンとかグロいシーンも多いので、そういうのが平気な方には是非。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D