抱きしめたい -真実の物語- | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ラブストーリーで、初めて泣きました(笑)。

2014年2月1日公開

監督:塩田明彦 出演:北川景子・錦戸亮 他


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 交通事故で下半身不随になり、記憶する力も少なくなってしまった実在の女性を描いたラブストーリーです。主演は北川景子さんと錦戸亮さん。
 北海道のタクシードライバー・雅己(錦戸亮)と、車椅子の女性・つかさ(北川景子)との出逢いは最悪。雅己のバスケクラブチームと、つかさが通っている介護施設のサークルの練習場所がブッキングしてしまい、勝ち気なつかさが猛抗議。そこで、
「半分ずつ使いませんか?」
と提案をしたのが雅己。タクシーで来ていたこともあり、そのままつかさの買い物に付き合うことに。偶然家が近かったこともあり、2人はやがて親密な中に。雅己はすぐに、結婚を意識するようになります。
 しかし、2人の両親は猛反対。普段は寡黙な雅己の父(國村隼人)には、
「俺は孫の顔も見られないのか!?」
と言われて掴み合いに。つかさの母(風吹ジュン)には、
「この子のことが、嫌いになるかもしれない。捨てられなくて、苦しむかもしれない。」
と現実を突きつけられ、つかさと大喧嘩に。
 そんな周囲の心配や反対を受けてもなお、2人は悩み苦しみながら、お互いへの愛を信じ、突き進んでいくのでしたが・・・。
 障害を持っているが故の悲しみや苦しみ。それでも支えてくれる家族への想い。そんな親思う心に勝る親心。いろんな感動が詰まった映画です。初めてラブストーリーで泣きました(笑)。北川景子さんの熱演も見事です。事故直後のリハビリの映像なんかは、ものすごくリアルで圧巻です。
「私の人生は私が決める!!」
そう言って必死に生きるつかさと、そんな彼女の想いを知り、ひた向きに支え、向き合っていこうとする雅己の姿に、心打たれます。
 ラブストーリーとしてはもちろんですが、感動したい時に是非観たい、そんな作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A