RUSH プライドと友情 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

観るなら字幕か。F1の衝撃感動作!!


2014年2月7日公開

監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 他


ラブシーン・・・結構あり
グロシーン・・・事故シーン・手術シーンなどあり
アクションシーン・・・カーレースシーン多数
怖シーン・・・なし


 実在した2人のF1レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダ。1976年の2人の壮絶なライバル関係の模様を描いた感動作です。
 自由奔放なプレイボーイ、ジェームズ・ハント。F3で実力・人気を勝ち取っていた彼の前に、ある日無名の新人が立ちはだかります。それが、天才的なメカニック技術を持つ、ニキ・ラウダでした。彼は自費でスポンサーをとり付け、成り上がってきたという珍しい経歴。
 正反対な性格の2人は事あるごとに対立しますが、唯一似ていたのは、その勝ち気なところ。どちらも裕福な家系にも関わらず、周囲の反対を押しきってレーサーになったのでした。
 そんな2人の関係が激変したのが、1976年。その年の年間王者を巡って激しいデッドヒートを繰り広げていた、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダ。ニュルンブリングでの一戦の際、悪天候を懸念したニキ・ラウダは、中止を主張。ところが、ジェームズ・ハントはこれを挑発。結局、人気に勝るジェームズ・ハントに押し切られる形で、レースは決行されます。その結果、ニキ・ラウダの車が大クラッシュ。400度の炎に1分間包まれたニキ・ラウダは、瀕死の重症を負ってしまいます。
 誰もが彼の復帰を絶望視する中、彼はなんと50日足らずでレースに復帰します。その陰には、なんとしてでもジェームズ・ハントに勝ちたいという、ニキ・ラウダの勝利への執念がありました・・・。
 終わり方は若干尻すぼまりな感はありましたが、ライバル同士しか分からない友情にも似た感情に、心揺らされます。事故後、ニキ・ラウダを挑発した新聞記者を、ジェームズ・ハントがボコボコにするシーンなんか、思わず胸が熱くなります。
 事故のシーンとか結構グロいところはありますが、是非ご覧になってみて下さい。ちなみに吹替版は、KinKi Kidsが演じています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>