マイティ・ソー ダーク・ワールド | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

さすがアメコミ。ド派手なアクションと強引なストーリー展開(笑)。

2014年2月1日公開
監督:アラン・テイラー 出演:クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン 他


ラブシーン・・・キスシーンのみあり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少し怖いかも


 あのアメコミのヒーロー、「アベンジャーズ」でも活躍した神の男が再登場。主演はお馴染み、クリス・ヘムズワースです。
 「アベンジャーズ」の戦いの後、ソーは戦乱の後始末をするべく、9つの世界を巡って暴徒の鎮圧にあたっていました。
 そんなソーとの再会を待ち焦がれる地球の天文学者・ジェーン。ところが彼女が、ひょんなことから時空の狭間に吸い込まれてしまい、その先で見つけた赤い液体が、体内に宿ってしまいます。実はその液体は、かつて世界を支配していた闇の勢力・ダークエルフが力の源としていた兵器であり、アスガルドの神達がダークエルフを滅ぼした際に、封印されたはずのものでした。
 そして、ジェーンの一件を感じとったダークエルフの王・マレキスも復活。ジェーンをかくまったソー達を追い、ダークエルフの総攻撃がアスガルド王国を襲います。なんとかジェーンは守りきったものの、被害は甚大。王妃も命を落としてしまいます。
 一計を案じたソーは仲間達と密かに行動を開始。「母の仇を討ちたい気持ちはあるはず」と、宿敵・弟のロキを牢獄から連れ出し、ダークエルフの計画を阻むべく、2人で敵陣に乗り込んでいくのでしたが・・・。
 さすが、アクションはド派手で迫力は桁違いです。ただ今回は、若干展開がご都合主義というか、ちょっと無理やり過ぎる感は否めません。「いやいやいや~」ってなります(笑)。
 それはさておき、お約束のコメディ要素もふんだんにあり、笑えます。思わぬ人が出てきたりしますので、その辺ご注目下さい。あと、殺害シーンとかは案外グロいのでご注意を。そして、これもお約束のエンドロール後の映像もありますので、そちらも是非お見逃しなく。
 細かいことは気にせずに、とにかくスカッとしたい時にオススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>