アメリカン・ハッスル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

騙されるのは誰!?油断ならない2時間20分!!


2014年1月31日公開
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス 他


ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 1978年、アメリカで実際に起きた汚職事件を基に、詐欺師によるおとり捜査を豪華キャストで描いた作品です。クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナーと、そうそうたる顔ぶれが並びます。
 主人公・アーヴィン(クリスチャン・ベイル)は、愛人のシドニー(エイミー・アダムス)と共に絵画の盗品や贋作を売る、しがない詐欺師でした。そんな2人はある日、FBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)のおとり捜査に引っかかり、逮捕されてしまいます。リッチーが司法取引で出した提案は、
「同業の詐欺師を4人挙げるのに協力しろ」
というものでした。
 渋々承諾したアーヴィンでしたが、やがて捜査は思わぬ方へ転がり、人気市長のカーマイン(ジェレミー・レナー)や大物マフィアを標的にしたおとり捜査へと広がっていきます。ところが、アーヴィンの妻・ロザリン(ジェニファー・ローレンス)の口の軽さが災いし、アーヴィンは予想外の危機に立たされてしまうのでした・・・。
 途中まではある程度予定調和というか、「こうなるんだろうなぁ・・・」と思った通りに進んでいく感じです。ただ、最後の最後にどんでん返しが待っているので、観ていて爽快です。
 ラブシーンはメッチャあるので、デートでは少し気まずくなるかもです。お1人か、気の置けない友人同士で観るのをオススメします。
 ややお話が長いのが難点ですが、エンドクレジットにも載らない、思わぬサプライズゲストの登場もあるので、是非注目して観てみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>