エンダーのゲーム | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“戦争の悲劇”を宇宙スケールで体現。


2014年1月18日公開

監督:ギャヴィン・フッド 出演:エイサ・バターフィールド ハリソン・フォード 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・おう吐シーンあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・最後に少しだけあり


 “宇宙戦争を終わらせる”という宿命を背負った少年の、苦悩や成長を描いた作品です。
 舞台は近未来。50年前、地球外生命体の襲撃を受け、人類には甚大な被害が出ました。同じ悲劇を繰り返さないために、国際艦隊は軍備を増強。次世代の人材を養成すべく、優秀な子供達を徴兵し、英才教育を施していました。
 主人公・エンダーは、その中でも特に優秀。知力・体力共に秀でており、中でも戦術を練る力がずば抜けていました。その才能をグラッフ大佐(ハリソン・フォード)に見抜かれたエンダーは、試験に合格。才能を遺憾なく発揮していきます。誰にでも臆せず、堂々と物を言う性格のエンダー。そんな彼を最初はやっかみ、目の敵にしていた周りの仲間達も、少しずつ彼に心を開いていきます。
やがてエンダーは、地上訓練所→訓練基地→前線訓練基地と、徐々に昇進を重ねていきます。訓練は日々激しさを増していき、その度にエンダーは苦悩し、格闘しながら、一歩一歩リーダーとしての経験を積んでいきます。同時に彼は、「何故戦うのか?」という本質的な疑問にも苛まれるようになります。様々な困難を乗り越えながら、やがて彼は司令官としての最終試験に挑むのでしたが、その結末は・・・。
 宇宙のシーンとかフルCGなので、ちょっと酔いやすいかもです。訓練施設でもお話がメインなので、どうしても似たようなシーンが続きがちですが、そんな中でも、苦悩する主人公の内面が丁寧に描かれています。
 クライマックスは、「そうきましたか!!」って感じです。好みは分かれる映画かとは思いますが、SF好きな方には是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>