ジャッジ! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「『無茶』と書いて、『チャンス』と読む。」・・・(笑)。


2014年1月11日公開

監督:永井聡 出演:妻夫木聡・北川景子・豊川悦司 他


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 しがない広告マンが、ひょんなことから広告祭の審査員にされ、しかも「グランプリを取れないとクビ!」と宣告されてしまい、奮闘するコメディです。主演は妻夫木聡さん、ヒロインは北川景子さんです。
 主人公・太田喜一郎(妻夫木聡)は、うだつが上がらない広告会社の社員。仕事も同僚の太田ひかり(北川景子)にはとても敵わず、上司にも
「使えない方の太田!」
と呼ばれる始末。そんな彼が、「名前の読み方が同じ」という理由で、CMプランナーの大滝一郎(豊川悦司)の身代わりで、国際広告祭の審査員としてサンタモニカに行くことに。実は大滝は、
「自社が作ったちくわのCMを受賞させなければクビ!」
と言われており、太田にその責任を押し付けようとしていたのでした。
 そうとは知らない太田は、同僚のひかりに相談。
「名字が同じだから、夫婦のふりして!」
という太田の頼みを渋々聞いたひかり。肝心の審査会は、各国の審査員が自社の作品を受賞させるべく、買収や謀略を繰り広げるまさに戦場。そこから2人の、奇想天外なドタバタ奮闘劇の幕が上がるのでした・・・。
 まず、キャストが超豪華です。
「チョイ役でこの人!?」
ってなること請け合いです。小ネタも豊富で、爆笑の連続です。松本伊代さんネタは鉄板ですね(笑)。
 そんな中でも、あくまでも自分の正義を貫こうとする太田と、そんな彼を煙たがりながらも、少しずつ受け入れていくひかりの人間模様が、とってもほっこりします。
 展開やラストも納得の面白さです。是非ご覧になって下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>