鑑定士と顔のない依頼人 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

前半を乗り切れば、後半は予想外の見事な展開!!


2013年12月13日公開
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:ジェフリー・ラッシュ ジム・スタージェス 他


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・暴力描写が少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・全体的に怖い雰囲気があり


 愛を知らないベテラン鑑定士と、姿を見せない謎めいた依頼人との間に起こる愛憎劇を描いた作品です。
 主人公・ヴァージルは、確かな目利きと饒舌なオークションで人気を博すベテランの絵画鑑定士。そんな彼は妙齢にも関わらず、妻は愚か恋人すらいたことがなく、自宅では膨大な数の女性肖像画に囲まれて過ごす日々でした。
 そんな彼のもとに、1人の女性から査定の依頼が舞い込みます。
「両親が他界したので、絵画や家財道具を売却したい。」
とのこと。普段ならば助手に行かせるところでしたが、女性のたっての依頼で、ヴァージル本人が出向くことに。
 ところが、何度かの訪問にも関わらず、依頼人本人には会えず仕舞い。業を煮やすヴァージルでしたが、まさにその時、彼女の居場所が判明。なんと彼女は対人恐怖症で、来訪者があると壁の向こうの隠し部屋に隠れてしまうのでした。
 戸惑いながらも査定を進めていくヴァージルでしたが、次第に彼は、その謎めいた依頼人の女性に、心惹かれていくようになります。そして鑑定士としての彼の運命の歯車は、少しずつ狂わされていくのでした・・・。
 前半は結構単調で退屈ですが、後半になるにつれ、予想を裏切る出来事の連続で、引き込まれます。ラストをどうまとめるのかと思っていたら、「そうきましたか!!」っていう感じです(笑)。ミステリー好きな方は是非。


オススメジャンル&オススメ度…<深く考えたい>