ウォーキング with ダイナソー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

自然解説番組ではない。CGアニメーションである。


2013年12月20日公開

監督:バリー・クック ニール・ナイチンゲール 出演(声):木梨憲武 鈴木福 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・ほぼなし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・肉食恐竜のシーンなどあり


 「EARTH」のBBCが製作した、太古の恐竜時代を描いた作品です。
 結構皆さん、
「1頭の恐竜の半生を描いた自然解説番組の映画」
だと思っていらっしゃると思いますが、違います。1頭に焦点を当てるのは合っていますが、この恐竜、しゃべります(笑)。恐竜達、結構しゃべります。恐竜達がしゃべりながら話が進む、どちらかというとアニメーション映画です。なので、純粋に恐竜の時代を観たい人には、あまりオススメはしません。しゃべりますから(笑)。どちらかというと、家族みんなで楽しく観られる作品です。
 主人公の草食恐竜、パキリノサウルス・パッチの声を木梨憲武さんが、途中途中の恐竜の解説を鈴木福君が担当しています。

 子供時代、パッチは群れで1番小さく、弱い存在でした。そんな彼は、親友の鳥・アレックスと共に多くの危険や困難を乗り越えていくうちに、次第に勇気をつけ、成長を遂げていきます。瀕死で諦めようとするパッチにアレックスが告げる、
「無駄死にはするな。命を投げ出すのは、誰かを守る時だ。」
という言葉に、思わず感動させられます。
 家族サービスに、デートムービーに、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>