ブリングリング | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

日本人には・・・理解しがたい・・・そうあってほしい・・・そんな作品。


2013年12月14日公開

監督:ソフィア・コッポラ 出演:イスラエル・ブルサード ケイティ・チャン エマ・ワトソン 他


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 アメリカで実際に起きた、少年少女らによるセレブを狙った窃盗事件を基にした作品です。
 登場するのは、冴えない少年・マークや、両親が別居中のレベッカ、血の繋がらない姉妹と暮らすニッキーなど。彼らは常日頃から、夜な夜なナイトクラブに出掛けては、ドラッグに溺れる日々でした。
 そんな中、レベッカの提案で旅行中の友人宅に侵入したマーク。彼らは「泥棒」という魅力に目覚めてしまい、いつしか有名セレブの家を調べては、留守を狙って侵入し、洋服や宝石を好きなように盗っていく窃盗団へと変貌していくのでした・・・。
 彼らの行動は、まさしく「因果応報」。捕まってもなお、各々がふてぶてしい態度を取り続ける彼らの姿は、若い世代の価値観に警鐘を鳴らします。丁度「スプリング・ブレイカーズ」と同じような感じで、ちょっと日本人の道徳観からは、共感しがたい内容かもしれません。
 それにしても、少年少女の中でもニッキー役のエマ・ワトソンだけが人一倍存在感があるのは、さすがですね(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>