武士の献立 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これぞ「内助の功」。心はほっこり、お腹はすいちゃうお話。


2013年12月14日公開

監督:朝原雄三 出演:上戸彩・高良健吾・西田敏行 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・同情での稽古シーンのみ
怖シーン・・・なし


 江戸時代、加賀藩に実在した包丁侍(料理人として藩に仕える侍)を描いた作品です。
 主人公・はる(上戸彩)は料理の名人。しかし、その気の強さが祟って、嫁に行った先から追い出された出戻り奉公人。そんな彼女の才を見抜いた包丁侍の舟木伝内(西田敏行)の、
「息子を一人前の包丁侍にしてほしい。」
という強い頼みで、はるはの息子・安信(高良健吾)と祝言を挙げます。
 この安信、剣は立つが料理の腕はからっきし。はるは早速本領を発揮し、安信に熱血指導。最初ははるを「古狸」と馬鹿にしていた安信でしたが、はるの技量と熱意に驚き、成長していきます。
 しかしその頃、加賀藩ではお家騒動が勃発。親友の紹介で改革派に加わっていた安信にとっても他人事ではなく、2人はやがて動乱の波に飲み込まれていくのでした・・・。
 さすが「料理」がテーマなだけあって、美味しそうな料理が沢山出てきます。お腹がすきます(笑)。
ラストはもう一展開ほしい気もしましたが、ある意味1番キレイな感じでサラッと終わるので、これはこれでステキだと思います。ほっこりしたい時にオススメです(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>