ゼロ・グラビティ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

酔う人は絶対2D!!っていうくらいリアルな宇宙!!


2013年12月13日公開
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・無惨な遺体のシーンあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・遺体発見シーンが怖いかも


 宇宙での活動中、衝突事故に見舞われた科学者と宇宙飛行士の、決死のサバイバル劇を描きます。科学者のライアンはサンドラ・ブロック。宇宙飛行士のマットはジョージ・クルーニー。というか、ほぼこの2人しか出てきません。そんな孤独な宇宙が舞台です。
 まずこの映画を語る上で外せないのは、その映像美。宇宙にいると錯覚するくらい、メッチャキレイです。
 加えて、宇宙空間がとってもリアルに描かれています。無重力で動いたり止まったり追いかけたり逃げたりするのが、いかに大変かが分かります。場合によっては、一瞬の行動が命取りになったりするんですね。
 そして、登場人物はほぼ2人にも関わらず、人間の喜怒哀楽が見事に描かれています。必死で生き抜こうとする2人に、これでもかというくらい、トラブルが続きます。何度も諦めそうになるライアンを励ますマットの言葉が、とってもステキです。
 唯一難点を挙げるとすれば、メッチャリアルであるがゆえに、3Dだと酔う方多いと思います。心配な方は、無理せず2Dの方をオススメします。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>