カノジョは嘘を愛しすぎてる | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“恋愛モノ”じゃない。"ギョー界人間模様”の映画。


2013年12月14日公開
監督:小泉徳宏 出演:佐藤健・大原櫻子・三浦翔平 他


ラブシーン・・・キスシーンだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 人気コミックの実写映画化。主演は佐藤健。ヒロインは、5000人の中からオーディションで選ばれた大原櫻子さん。映画を観ると、何故彼女が選ばれたのかが分かります。メッチャ歌上手いです(笑)。そして、どこまでも真っ直ぐで、でもどこか天然なキャラがとっても似合ってます。
 主人公は、人気バンド「CRUDE PLAY」のサウンドクリエーター・アキ(佐藤健)。歌が好きな女子高生・リコ(大原櫻子)はアキに偶然出逢い、その正体を知らずに付き合い始めます。創作が行き詰まり気味だったアキも、リコのおかげで輝きを取り戻し始めます。
 ところが、「CRUDE PLAY」の仕掛人・高樹(反町隆史)の目にリコが止まったことから、事態は思わぬ方向へ。常日頃から、自らの仕事を、
「音楽という嗜好品を言葉巧みに売りつける商売」
と言ってはばからない高樹は、リコをデビューさせようと画策。さらにそのデビュー直前に、アキとリコの交際写真を撮られてしまったことから、2人の運命は狂わされていくのでした・・・。
 恋愛モノとして純粋に楽しむのは、ちょっと厳しいかもです。ストーリーも結構強引で、コテコテです。ただ、音楽業界に生きる人達の人間模様を垣間見られるという意味では、とってもオススメです。
 ステキな楽曲も沢山出てくるので、邦楽が好きな方にもオススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>