ヨコハマ物語 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年11月16日公開
監督:喜多一郎 出演:北乃きい 奥田瑛二 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 立場や性格も全く違う登場人物達が、ひょんなことからルームシェアを始め、なくしていた他人との絆を見つけていく人間ドラマです。
 仕事一筋に生きてきて、定年退職したその日に妻を亡くした田辺(奥田瑛二)ある日、行き倒れになっていた七海(北乃きい)を助けます。インディーズバンドのマネージャーをしている七海は、ボーカル兼彼氏の圭吾に
「使えない。」
と捨てられ、やけくそになっていました。
「そんな他人をモノ扱いするような奴、捨ててやれ。」
という田辺の言葉に感化された七海は、
「行くとこないから、ルームシェアしよう!」
と提案し、奇妙な共同生活を始めることになります。
 図々しいけれど、困っている人を見過ごせない七海はその後、元夫に追われていた葵(佐伯めぐみ)と息子の涼平や、勝手に出したルームシェアの広告に応募してきた麻子をも巻き込み、ルームシェアは5人になります。そして途中からは、葵の同僚で行く当てがなかった実咲(泉沙世子)もルームシェアに加わり、それぞれが人間関係に悩み傷つき、苦しみながら、〝家族”としてお互いの大切さに気付いていきます。そして田辺もまた、今まで気付けなかった亡き妻の想いを、彼女達のお陰で少しずつ発見していきます。
 決して説教臭い感じではなく、さりげなく、本当の意味での家族の温かさを感じさせてくれる作品です。ご家族みんなでご覧になると、観終わった後にきっとお互いをもっと大切に出来るような、そんな作品です。思いがけないご本人登場もあるので(笑)、是非是非ご覧になってみて下さい。
 ちなみに葵役の佐伯めぐみさんは、映画「シェアハウス」以来、2回目のルームシェアですね(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>