42 ~世界を変えた男~ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年11月1日公開
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウィック・ポーズマン ハリソン・フォード 他


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・傷口の縫合だけあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 実在した、黒人初のメジャーリーガー:ジャッキー・ロビンソンが、様々な苦難を乗り越え、世界を変えていくまでを描いた感動作です。
 舞台は1947年。人種差別が色濃く残る時代。メジャーリーガーは全員白人という中で、ブルックリン・ドジャースのGM・リッキー(ハリソン・フォード)はジャッキーと契約。二人三脚で人種差別の壁に挑みます。
 最初はひどいもので、敵チームや観客はおろか、チームメイトや審判までもが、彼に罵声を浴びせ、汚い行為で彼を辱めようとします。それでもジャッキーは、リッキーとの約束を守り、やられてもやり返さず、ただ黙々とプレーをすることで、自身の存在価値と居場所を見出していきます。すると、そんな彼のひたむきな姿勢に感化され、1人また1人と、少しずつ仲間が増えていきます。理解してくれる人も増えていきます。どんな罵声や脅し、妨害にも屈することなく、ただひたむきに野球に取り組むジャッキーの姿勢は、心揺らされること間違いなしです。
 リッキーが最初に彼に告げる、
「やり返さない勇気を持て。」
という言葉が、すこく心に残ります。どんな困難にぶつかっても、決して腐ることなく自分のやるべきことをひたむきに続けていけば、いつか状況は少しずつ変えていくことが出来るということを、教えてくれる作品です。
 ちなみに、彼がつけていた背番号「42」は現在、メジャーリーグで唯一、全球団で永久欠番となっているそうです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>