そして父になる | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年9月28日公開
監督:是枝裕和 出演:福山雅治・尾野真千子 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 カンヌ国際映画祭の審査員賞受賞で話題になりました、福山雅治さん主演の感動作です。
 息子を取り違えられた2組の夫婦。6年経ってからその真実を知らされ、交換という選択を迫られます。
 当然、6年間育てた子供には、深い愛情が注がれています。でも、実際に顔を見て名前を付け、血もつながっている子供の方にも、当然想いは注がれていきます。もし自分が同じ立場だったらと考えると、その気持ちのやりきれなさは、想像を絶するものがあります。
 最初はお互いの出会いから、ホームステイのような感じで、少しずつ2人を交換に慣れさせようとします。しかし、かたやお金持ちのエリートサラリーマン、かたや田舎で大家族の電気屋さんです。暮らし方や子供への接し方など、どちらも正反対。当然子供は困惑し、それを受けた夫婦もまた、葛藤に葛藤を重ねます。そして、最後の最後で主人公が出した結論も、また納得のいくものでした。
 福山雅治さん演じる主人公は、実はかなり不器用な人間です。寡黙でエリート主義、だけどどこか陰のあるキャラクターです。何故なら彼自身も子供時代に、義理の母(父親の再婚相手)との関係に、心を痛めていた1人だったから。そんな彼が子供と向き合いながら成長していく姿も、また感動です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>