グリフィン家のウェディングノート | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年11月29日公開
監督:ジャスティン・ザッカム 出演:ロバート・デ・ニーロ キャサリン・ハイグル 他


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・汚い言葉をメッチャ多用
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 別れたはずの夫婦が、子供の結婚式のために夫婦を演じる羽目になるという、ドタバタコメディです。主演は、ロバート・デ・ニーロ。
 彫刻家のドン(ロバート・デ・ニーロ)には、10年前に離婚したエリーがいて、今はビービーという恋人がいました。ドンとエリーの間には3人の子供がいて、そのうちの次男のアレハンドロは、幼い頃にコロンビアから養子に迎えた子供でした。このアレハンドロが結婚するというので、久しぶりに家族全員が大集合したものの、1つ問題が発生。アレハンドロ曰く、
「自分の実母は敬虔なカトリックで、離婚した親を認めてくれるか分からないので、父さんと母さんに今でも結婚しているふりをしてほしい。」
というもの。これを聞いたビービーは家を飛び出してしまい、入れ違いのように早速その実母がやってきてしまいます。慌てて夫婦の2人をするドンとエリーでしたが、ことは思いのほか深刻で、他にも家族の色恋沙汰にまつわる様々な事情が明らかになっていきます。そして結婚式当日は、思わぬ事態へと発展していくのでした・・・。
 ラストの結婚式のシーンは、余りにも予想外の展開なので、思わず笑ってしまいます。そして、最後の最後の実母の言葉に、思わず感動してしまいます。
 汚い言葉が満載なので、デートムービーとしてはオススメ出来ませんが、ふと笑いたくなった時や家族が恋しくなった時に、観るのがオススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>