悪の法則 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年11月15日公開
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスペンダー ペネロペ・クルス キャメロン・ディアス ハビエル・バルデム ブラッド・ピット 他


ラブシーン・・・メッチャあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 「エイリアン」シリーズのリドリー・スコット監督最新作です。幸せの絶頂にいたはずの弁護士が、欲に駆られて身を滅ぼしていく様を、超豪華キャストで描いています。
 主人公は、カウンセラーと呼ばれる弁護士(マイケル・ファスペンダー)。フィアンセのローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり、幸せの真っただ中。しかし、目先の金に目がくらみ、メキシコからの麻薬密輸に加担。友人で実業家のライナー(ハビエル・バルデム)やその愛人のマルキナ(キャメロン・ディアス)、麻薬の仲買人のウェストリー(ブラッド・ピット)との事業で、大金が転がり込む・・・はずでした。しかし、何者かによって大量の麻薬が奪われ、行方不明に。麻薬組織はカウンセラーの仕業と特定し、彼らは一気に窮地に陥っていくのでした。
 展開自体は、極めて単調で予定調和です。「こうなる・・・のかな?」と思ったままに進んでいくので、少し退屈かもしれません。良く言えば〝心に響く名言が多い"のですが、悪く言えば〝説教臭いセリフが多い"のも特徴です。
 そしてやはりこの監督ですから、描写はかなりグロいです。そして今回は、かなりのラブシーンもあります。その辺はどうぞ心してご覧になって下さい。

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>