みすゞ | 映画の森

映画の森

自分用に作成した円形ラベルです。
DVDにもBlu-Rayにも対応出来るよう、ロゴは省略しています。
掲載画像の著作権は、各映画会社等に帰属します。


テーマ:


映画の森

製作年 : 2001年
製作国 : 日本
配給 : シネカノン


1919年、山口県仙崎。叔母の死を機に、叔父・松蔵の後妻となった未亡人の母・ミチと共に下関で暮らすことになったテルは、小さな本屋で店番をしながら、みすゞというペンネームで詩を書くようになる。やがて、その詩は詩人で仏文学者の西條八十の目に留まり、次々と人気誌に掲載されていった。そんなテルの一番の理解者は、彼女に秘かな想いを寄せる従弟の正祐。だが、実は正祐は幼い頃に養子に出された彼女の実弟であったことから、世間体を憚った松蔵はテルを奉公人の葛原と結婚させてしまう。テルの結婚生活は不幸であった。葛原の放蕩、詩作の禁止、淋病の感染??。そんな中、テルは命を削るような想いで、自らの作品を3冊の童謡集として清書する。たち行かなくなった生活に、遂に離婚を決意したテル。彼女は、葛原との間に生まれた娘・ふさえを連れて松蔵の家に戻る。だが、ホッとしたのも束の間、葛原が親権を主張し始めた。そして、明日はいよいよ葛原が娘を引き取りに来るという晩、テルは自ら命を閉じる。


監督: 五十嵐匠
チーフプロデューサー: 吉澤泰樹
プロデューサー: 福間順子 増田佳彦 山本末男
エグゼクティブプロデューサー: 松原治 村山公明
脚本: 荻田芳久
撮影: 芦澤明子
美術: 池谷仙克
スチル: 荒木経惟
ゼネラルプロデューサー: 松尾美奈子 村山英世
タイトル: みすゞ
ラインプロデューサー: 石矢博
照明: 金沢正夫
録音: 堀内戦治

出演:
田中美里 金子テル(みすゞ)
中村嘉葎雄 上山松蔵
永島暎子 ミチ
寺島進 葛原信爾
増沢望 堅助
加瀬亮 正祐
小嶺麗奈 田辺豊々代
イッセー尾形 西條八十

りんごさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス