映画の森

自分用に作成した円形ラベルです。
DVDにもBlu-Rayにも対応出来るよう、ロゴは省略しています。
掲載画像の著作権は、各映画会社等に帰属します。


テーマ:


映画の森


製作年 : 2004年
製作国 : 日本
配給 : シネカノン


「あたしをしらないキミへ」
授業をさぼって屋上にいた文子(村川絵梨)のもとに、風に吹かれて一通の手紙が舞い落ちてきた。『片瀬理乃様』と書かれた手紙の差出人は、不良として恐れられている同級生の増村(弓削智久)だった。彼は、先輩で卒業生の理乃への想いを手紙にしたためていたのだ。文子は思わず返事を書いてしまい、数日後、増村からの新たな手紙が屋上のドアに張られていた。『手紙を下さった方、どうもありがとうございます。出そうか出すまいか屋上で迷っていたときに、風で飛ばされてしまったのです』。こうして文子と増村の奇妙な文通が始まった……。


「雪に咲く花」
差出人不明の手紙を受け取った陽司(田中圭)は、送ってきたのは同級生の千雪(小松彩夏)だと確信する。雪深い田舎町で、なにかと悪い噂が千雪にはつきまとっていた。それでも澄んだ千雪の瞳は、何かを語りかけるかのように、いつも陽司をみつめていた・・。


「イカルスの恋人たち」
兄・康一(玉山鉄二)の葬儀を終え、弟・健二(塚本高史)は、兄が恋人に遺したビデオテープと遺書を見つける。幼い頃から対照的な性格だった堅物の兄に恋人がいたことに、健二は驚く。重病で倒れた康一は、生還率10%の手術を受ける直前に失踪していた期間があった。恋人とは、そのときに世話になった中国人の玉音という女性。康一が死んだことを知らない玉音が語るのは、健二の知らない兄のもう一つの顔だった。

「便せん日和」
便せん専門店「てがみ屋」の従業員の美子は、主任の鈴森(大倉孝二)に密かに憧れていた。美子の部屋の引き出しには、出さないままのラブレターがあふれている。しかし鈴森は、毎週金曜日に同じ便せんを購入する女性客に、片想いをしていた。


監督:
大森美香 「あたしをしらないキミへ」
須賀大観 「雪に咲く花」
永田琴恵 「イカルスの恋人たち」
高成麻畝子 「便せん日和」

脚本:
大森美香 「あたしをしらないキミへ」
佐藤善木 「雪に咲く花」
松田裕子 「イカルスの恋人たち」
岡本貴也 「便せん日和」

プロデューサー: 木村元子
エグゼクティブプロデューサー: 原田知明 橋田寿宏
製作総指揮: 大里洋吉 安永義郎
企画: 宮下昌幸 藤巻直哉 柳原秀哉
原作: ジョージ朝倉 『恋文日和』(講談社刊)
撮影: 福本淳
美術: 藤田徹
音楽: 小西香葉
照明: 市川徳充
録音: 古谷正志
助監督: 白川士


出演:
村川絵梨 文子「あたしをしらないキミへ」
弓削智久 増村保志「あたしをしらないキミへ」
真木よう子 片瀬理乃「あたしをしらないキミへ」

小松彩夏 宮下千雪「雪に咲く花」
田中圭 神代陽司「雪に咲く花」
田中要次 「雪に咲く花」

玉山鉄二 康一「イカルスの恋人たち」
塚本高史 健二「イカルスの恋人たち」
當山奈央 玉音「イカルスの恋人たち」

中越典子 永野美子「便せん日和」
大倉孝二 鈴森一成「便せん日和」
森ほさち 杉原万里子「便せん日和」


恋文日和
¥3,589
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

りんごさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。