2005-04-28 23:27:40

『心中天網島』(1969)

テーマ:日本映画
東宝
心中天網島

 

 

 

DVDを予約していた篠田正浩監督の『心中天網島』(1969)をやっと観ることができました。

 
 その昔東宝や東和がマイナーな外国映画を配給するためにATG(アートシアターギルド)を設立しました。ゴダールの映画などロードショーでは見ることのできない数々の名作を日本に紹介した功績はかなり大きかったと思います。ビデオもDVDもない当時では映画館で上映されない限りその映画に接することはできませんでした。ATGで配給した映画にヒット作もありましたが、当時の映画館はほとんどが配給会社の直系で占められており、別系列の映画が上映される余地はほとんど残されていませんでした。ATGも東京、大阪、名古屋などに直系の映画館を持っていましたがとても地方までには手が届いていません。それでも歴史的に見れば短い期間だったでしょうが、ATGは日本の映画界に大きな影響を与えたと思います。

 そのころ、東宝、松竹などの大手映画制作会社の斜陽がはっきりしてきて、才能溢れる監督でも映画を制作する機会が少なくなってきました。ATGは1000万円の低予算ながら日本映画の制作に乗り出し、独立を望む若手、中堅監督や才能ある新人監督の多くの作品を発表しました。特に初期には松竹ヌーベルバーグの旗手たち、大島渚、吉田喜重、篠田正浩らがATGで多くの新作を発表しています。個人的にはその中の最高傑作のひとつが『心中天網島』と思っています。篠田正浩監督はそれほど好きな監督ではないのですが、この映画だけは特別に愛着を抱いています。でも、近くのレンタルビデオ屋さんにはこれがなく久しぶりに見たくても見られない寂しい思いを抱き続けていました。待ち焦がれていた名作の待望のDVD化です。
 
 『心中天網島』は低予算のため、モノクロで、セットは舞台の書割、少ない出演者と見るからに貧弱なのですが、篠田正浩監督の描き出した映像の美しさはモノクロ世界の極致、前衛的なまでに絞り込んだセットは日本の様式美の極限と言っても決して言い過ぎではありません。粟津潔の美術と武満徹の音楽で浄瑠璃の世界を見事に甦らせています。
 主演の岩下志麻は日本女性の美しさを妖艶さ、可憐さ、脆弱さ、手強さなどを織り交ぜながら様々な角度から見事に表現しています。その演技力の確かさにはきっと驚かされることでしょう。

  
 大作ではなくそっと心の隅に残しておきたい珠玉の名品、一粒の黒真珠のような輝きを放つ映画です。テレビの画面ではモノクロ画面の地味さゆえに映像美が半減してしまいます。できればこうした映画だからこそ大きなスクリーンで見たいと思うのですが、それは叶わないでしょう。
 DVDで『心中天網島』を鑑賞するときには可能な限りにその世界にどっぷりと浸れる環境を作って意を決して見てください。

 この文章はうろ覚えのまま書いたもので史実とは違います。悪しからず。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。