日本人の為のニュース 1/14 | 個人的趣味を押し付ける妄想ブログ

個人的趣味を押し付ける妄想ブログ

日本人のためのテレビが隠しそうなニュースをお届けします。時間が無い人にも一日一回は見て欲しい内容を目指しています。お友達にも是非紹介してくださいね。
リンクフリーです~

最近のニュース番組。10数分ニュースを流してデパ地下、大家族、ラーメン、スポーツ、芸能などなど

おかしいと思いませんか?

日本国民が知るべきニュースが沢山あるのに報じようとしません。

時間の無い人にも簡単に情報を入手できるように、ニュースを集めてみようと思います。


今日のニュースを  クリックで記事の続き・詳細へ


民主、ねじれ国会対策で両院協議会改革案 野党に提示へ

 民主党は「ねじれ国会」対策として、衆参の議決が異なった場合に両院の代表者が協議する両院協議会の改革案をまとめ、近く野党側に協議を呼び掛ける方針を固めた。衆参計20人の協議会メンバーを各院の議席構成に応じた比例配分に変え、協議会の成案を得る要件を現在の「3分の2以上」から「過半数」に緩和する国会法の改正を行うことを盛り込んでいる。

 改革案は12日の党役員会で岡田克也幹事長が提案し、大筋で了承された。
続きを読む


地方組織の悲鳴充満、危機感あらわ 民主党大会大揺れ
 民主党大会に先立って12、13日に開かれた全国幹事長会議と地方代議員会議では、世論の逆風にさらされる地方組織の悲鳴が充満した。東北の県連幹部は「内紛のごたごたに有権者はあきれている」「このままでは統一地方選で討ち死にしてしまう」などと深刻な支持者離れへの危機感をあらわにした。

 千葉市のホテルで12日夜にあった幹事長会議。3カ月後に迫った統一選が大きな議題となり、「厳しさを体感している。率直な声を聞かせてほしい」と述べた岡田克也幹事長に、出席者から質疑が続出。予定の2時間を1時間も超過した。
続きを読む


参院議長の入閣は初「崖っぷちだから」と江田氏
 菅再改造内閣には、江田五月前参院議長が法相、中野寛成元衆院副議長が国家公安委員長としてそれぞれ入閣する。

 衆参両院事務局などによると、「三権の長」である議長の入閣は衆院では例があるが、参院では初めて。副議長経験者の入閣は衆参ともに例があるという。

続きを読む


「お友達内閣」小沢グループ不満、対立深刻化か
 14日発足する菅再改造内閣の布陣は、菅首相に近く、民主党内では小沢一郎元代表に批判的な人材の登用が目立つ。

 首相周辺が「強力なメンバーがそろった」と自負する一方、小沢氏を支持するグループは「お友達内閣だ」と不満を強めている。首相側と小沢氏グループの対立が一層深まることも予想される。

 新閣僚と党役員の顔ぶれを見ると、「脱小沢路線」はこれまで以上に鮮明だ。

続きを読む


【内閣改造】「増税オールスターズ」の布陣 反小沢路線も鮮明 人材不足が露呈

 菅直人首相は14日夜発足させる菅第2改造内閣で、与謝野馨元財務相を経済財政担当相に、藤井裕久元財務相を官房副長官に据え、消費税増税論者による「増税オールスターズ」を作った。税制・社会保障の一体改革にかける首相の意気込みの表れだが、党内多数派の小沢一郎元民主党代表や鳩山由紀夫前首相に近い議員を引き続き冷遇したため、菅首相の政策推進力は著しく減退しそうだ。(加納宏幸)

 「人生は不条理だなと思いました」

続きを読む


在日米軍撤退なら「中国、より強引に」 米国防長官講演

 来日中のゲーツ米国防長官は14日午前、東京都内の慶応大で講演し、在日米軍が撤退すれば「北朝鮮の軍事的挑発が激化し、中国の近隣国への強引な行動が強まりかねない」と述べ、両国への抑止力としての駐留米軍の意義を強調した。また講演後の学生との質疑応答の中で「中国軍と文民指導者の間で意思疎通がないことがわかってきた」と述べ、共産党による「文民統制」のあり方について懸念を示した。

続きを読む


国会ネット観戦急増 失言・カネ質疑がアクセス上位

 インターネットで国会審議の中継を見る人が急増している。民主党の「政治とカネ」問題や閣僚の失言を野党が激しく追及した日はアクセスが特に多い。新聞やテレビに飽き足らなさを感じるネット利用者が増えているようだ。

 「そろそろ危ないですね」。昨年11月18日、国会ネット中継の保守・運用をする業者から参院事務局に連絡が入った。アクセスが急増し、回線がパンクするおそれがあるという知らせだ。

続きを読む


与謝野氏、政権入りへ 地元議員に戸惑い
◆衆院東京1区 区議選混乱も

 たちあがれ日本の共同代表だった与謝野馨衆院議員が13日、同党を離党し、政権入りする見通しになった。春に統一地方選を控える与謝野氏の地元の衆院東京1区(千代田、港、新宿各区)では、地方議員らに戸惑いが広がった。「反民主」を宣言していた与謝野氏が民主党側に乗り換えると、区議選も混乱しかねない。「国を思ってのこと」と理解を示す声の一方、「迷惑」との批判も聞かれた。

続きを読む


ゲン担ぎの余裕もなく…先行きア菅、異例の「仏滅改造」

 菅再改造内閣が14日午後に発足するが、異例の「仏滅改造」となった。東京工業大学理学部卒という菅首相だけに、「非科学的なものは信じないのでは」(民主党秘書)との見方がある一方、「追い込まれ改造だけに、ゲン担ぎなど考える余裕もなかったのだろう」(自民党中堅)との見立てが強い。

 仏滅は「六曜」と呼ばれる暦注の1つで、他に先勝・友引・先負・大安・赤口がある。仏教とは関係のない迷信なのだが、日本では広く定着。ゲンを担ぐことが

続きを読む


財源不足、謝ることも大事=マニフェスト修正容認-玄葉戦略相
 玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は14日の閣議後会見で、2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で約束した16.8兆円の財源捻出に関し、「十二分に見いだせないということであれば、うそを言ってはいけない。しっかり整理し、謝るべきは謝って再出発することが大事だ」と指摘した。
 公約施策の見直しについても「マニフェストは金科玉条ではない。一切変えちゃいけないということでは日本の将来にならない」
続きを読む


私は気が弱く、妥協が過ぎる…仙谷氏お別れ会見
 物議を醸す発言を連発し、参院で問責決議を受けた仙谷官房長官をはじめ、尖閣ビデオの流出問題の対応に追われた馬淵国土交通相、非常時の対応が問題にされた岡崎トミ子・国家公安委員長の3人が14日、内閣を去ることになった。

 ねじれ国会を乗り切るため、という面もあり、それぞれ課題を残しての降板。記者会見では、反省や無念の言葉も漏れた。

続きを読む


内閣支持微増、21%=不支持は59%-時事世論調査
 時事通信社が7~10日に実施した1月の世論調査によると、菅内閣の支持率は前月比0.3ポイント増の21.3%で、4カ月ぶりにわずかに上昇した。不支持率は同1.2ポイント減の59.2%。支持率下げ止まりの背景には、菅直人首相が年頭記者会見で、小沢一郎民主党元代表に対し、強制起訴された場合は議員辞職を含めて進退を判断するよう求め、「脱小沢」路線を一層鮮明にしたことがあるとみられる。首相が内閣改造の方針を打ち出したことも影響したようだ。
続きを読む


小沢氏、指定弁護士の聴取に条件次第で応じる意向

 民主党・小沢元代表の政治資金をめぐる事件で、指定弁護士から事情聴取の要請を受けた小沢氏が「拒否することはない」と話し、条件次第で聴取に応じる意向であることが分かりました。

 検察審査会の起訴議決を受けて、小沢氏の強制起訴に向けた手続きを進めている指定弁護士は先週、小沢氏に対して任意での事情聴取を要請しました。これに対して、小沢氏の弁護団は、事情聴取に弁護士が立ち会えるかなど聴取方法についての質問状を指定弁護士に出しています。

続きを読む


異例の議長入閣 江田氏周辺に波紋「首相の不見識とともに追及する」

 江田五月前参院議長が、14日発足の菅再改造内閣で法相に就任したことで、与野党に波紋が広がっている。議長経験者の入閣は異例で、「国権の最高機関」の長である「議長」の権威失墜につながりかねないとの懸念があるためだ。

 衆参両院事務局によると、参院議長経験者の入閣は初めてで、衆院でも失言問題で辞任に追い込まれた中村梅吉氏(自民党)が1973年に法相に就任して以降、例がない。

続きを読む


自賠責保険料上げで合意=2段階で計25~30%-政府審議会
 自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁長官の諮問機関)は14日の会合で、自動車やバイクの保有者に加入を義務付けている自賠責の保険料を25~30%引き上げることで合意した。ドライバーの急激な負担増を避けるため、2011年度と13年度の2段階に分けて実施する。具体的な料率は次回20日の会合で決めるが、11年度の上げ幅は12%程度、13年度は15%前後とする方向だ。
 保険料引き上げは4年ぶりで、後遺障害がある交通事故の増加などで保険金の支払いが増加していることが主因。
続きを読む


民主党政権の歩み=内閣改造
▽鳩山政権【2009年】 9・16 民主、社民、国民新3党連立の鳩山内閣発足10・25 参院神奈川、静岡両補選で民主候補勝利11・11 「事業仕分け」スタート12・24 鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、東京地検が元公設      秘書を在宅起訴【2010年】 1・15 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規      正法違反事件で石川知裕衆院議員ら逮捕 1・24 沖縄県名護市長選。米軍普天間飛行場移設受け入れ反対派の稲嶺進氏当選 2・ 4 石川議員ら起訴。小沢氏は不起訴 3・ 9 日米間の「密約」をめぐり、有識者

続きを読む


【改造内閣】みんな・渡辺代表「廃材内閣」「与謝野氏は平成の渡り王」
 みんなの党の渡辺喜美代表は14日、国会内で記者会見し、菅直人改造内閣について「使い終わった素材をもう一度使うのはリサイクルというが、菅改造内閣はさしずめ廃材内閣というイメージだ。リサイクルはエコだが、廃材内閣はエゴの固まりだ」と批判した。

 たちあがれ日本を離党し、無所属議員として入閣した与謝野馨経済財政担当相については「自民党の比例代表で当選され、渡りに渡って菅内閣の増税の総元締めにおなりになるということだから、『平成の増税王』『平成の渡り王』だ」と揶揄(やゆ)した。さらに「議員を辞職して、民間人として、菅内閣の延命に協力するというのが正しいやり方だ」と皮肉った。

続きを読む


通常国会 24日召集を伝える
政府は、14日夕方に開かれた衆参両院の議院運営委員会の理事会で、来年度の予算案などを審議する通常国会を24日に召集する方針を与野党に伝え、了承されました。

衆参両院の理事会には、政府を代表して、14日の内閣改造で就任した枝野官房長官が出席し、平成23年度予算案やその関連法案を審議する通常国会を24日に召集する方針を伝え、了承されました。そして、枝野官房長官は、平成23年度予算案については、国会を召集したその日に提出する考えを示しました。
続きを読む


ネーミング質問にしどろもどろ  「名前すら付かない」菅改造内閣
2度目の内閣改造を終えた菅直人首相は2011年1月14日夕方、首相官邸で記者会見に臨んだ。質問は、「財政再建派」として知られ、「たちあがれ日本」を離党したばかりの与謝野馨氏の経済財政担当相への入閣に集中、菅首相が増税路線を指摘されて色をなす場面があった一方、新内閣をどう命名するかを問われると、言葉につまってしまう一幕もあった。

続きを読む


菅首相の記者会見要旨

 菅直人首相の記者会見要旨は次の通り。

 【内閣改造・党人事】

 通常国会に向かって、危機を越えていく力を最大にしたいとの観点から行った。(仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の交代は、参院での問責決議が理由ではなく)最も強力な態勢を考えた。「クリーンでオープンな政治」に賛同する方には全員参加していただく。

 【与謝野馨氏起用】

 社会保障の持続可能な財源に関する議論を高めていきたい。大きな差があるというよりも、政党間で共通の認識がある。与謝野氏は(民主党と)共通性の高い政策を持っている。この問題の責任者になってもらったことは、この改造の性格の表れだ。

続きを読む


大村衆院議員が辞職=自民・望月氏繰り上げ当選へ
 自民党から除名処分を受けた無所属の大村秀章衆院議員(比例代表東海ブロック)は14日、横路孝弘衆院議長に辞職願を提出し、許可された。これに伴い、同ブロックから自民党の望月義夫氏が繰り上げ当選する。大村氏は2月6日投開票の愛知県知事選に出馬するため、同党に離党届を出したが、除名処分となった。 
 大村氏の辞職に伴う衆院の新勢力分野は次の通り。
 民主・無所属クラブ306▽自民・無所属の会116▽公明21▽共産9▽社民・市民連合6▽みんな5▽国民新・新党日本4▽たちあがれ日本2▽国益と国民の生活を守る会2▽無所属6▽欠員3
続きを読む


【改造内閣】「イラ菅」爆発 「すり替えるな」と逆ギレ

 菅直人首相が内閣改造に伴う14日夕の記者会見で、記者が衆院解散・総選挙への考えを問いただしたのに対し、何も答えないまま、逆ギレする一幕があった。

 会見で記者が、与謝野馨経済財政担当相ら財政再建派の起用を「消費税率引き上げの布陣だ」と、誰もがそう思うことを指摘したところ、なぜか首相は「決め付けて、すり替えて質問するのはフェアではない」と怒り出し、「イラ菅」ぶりを発揮した。

続きを読む


【改造内閣】さらば「陰の首相」 番記者がみた仙谷由人

 菅直人政権で「陰の首相」として振る舞ってきた仙谷由人官房長官。番記者になった昨年10月からの3カ月半は、暴言、失言を追う濃密な日々だった。日々の記者会見でも、記者を小ばかにしたような傲岸不遜な発言が再三あり、何度もぶつかった。

 「私は順応性が高すぎると日々反省しているくらい気が弱い。『あまり人を傷つけてはいけない』という所が問題だったかな…」

続きを読む


「同じ供述を」と誘導=石川議員再聴取で特捜部-公判に証拠申請・陸山会事件
 小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が検察審査会の起訴相当議決後、元秘書の衆院議員石川知裕被告(37)を再聴取した際、「検察と小沢さんの利害は共通している。小沢さんを不起訴にするには、前と同じ供述にした方がいい」などと、自白を迫る誘導的な取り調べをしていたことが14日、関係者の話で分かった。石川被告が聴取内容を録音しており、同被告側は公判前整理手続きで、書面化したやりとりを証拠申請した。
 東京第5検察審査会は昨年4月、小沢氏を起訴相当と議決。関係者によると、議決を受けた再捜査の一環として特捜部は、同5月17日に石川被告から再聴取した。石川被告は持参したICレコーダーでひそかに録音していた。
続きを読む


与謝野経済財政相「子ども手当」改めて批判
 与謝野経済財政相は14日夜、初閣議後の記者会見で年金制度のあり方について「(自らが閣僚だった自民党の)麻生内閣で『安心社会実現会議』を作った。その報告書の基調は民主党政権でも受け継がれており、社会保険方式が前提と理解している」と述べた。

 超党派で改革を進める余地があるとの立場を強調したものとみられる。

 また、「いろいろよい案があるが、制度移行が35年も40年もかかることが現実性があるのかという問題がある。すべての案を含め、総合的に検証する必要がある」とも強調、民主党案の修正も含め、検討を進めるべきだとの考えを示した。

続きを読む


EZZ侵入の韓国籍船長、担保金25万円で釈放
 竹島(島根県)沖の排他的経済水域(EEZ)に、韓国籍のカニかご漁船「33サンヨン」が侵入した問題で、境海上保安部(鳥取県境港市)は14日、漁業法違反(立ち入り検査忌避)容疑で現行犯逮捕した船長のイ・チェボク容疑者(39)を釈放した。

 発表によると、釈放のための担保金約25万円を支払うとした保証書を、韓国側が海上保安庁に提出した。イ容
続きを読む