季節が又変わるよ

テーマ:

10月に入り秋本番となった北海度

 

 

ま、例年よりずいぶんと暖かかった

 

 

おかげで鮭釣りはふるわず、今年は今のところ11匹

 

 

これを多いと見るか少ないと見るかは別として

 

 

異常気象で、水温が高くつれないという状況に危惧していたのだが

 

 

昨日の北海道ローカルでは 

 


利尻岳と羊蹄山に初冠雪のニュースが流れた

 

 

いよいよ、冬がやってくるのね 

 

 

そう言えば昨朝はずいぶんと冷え込んだ

 

 

10度は明らかになかったなぁ

 

 

外で遊び回れるのもあとわずか・・・・

 

 

ちと、寂しいなぁ~

 

 

妻よ、寒くなってきたけん

 

 

人肌のぬくもりが恋しいのだが・・・・

 

 

一緒に寝ているのに、むさいから近寄らないでとは 

 

 

悲しかったぞい(ま、いつもの事をオーバーに言ってるのだが)

 

 

心の中を秋風が吹いた気がした

 

 

今日もおいらを置いてさっさと寝やがった

 

 

もうちょっとで、結婚記念日だよ

 

 

ひょっとして忘れてない?

 

 

せめて、トゲのない言葉で会話しようよ

 

 

グレちゃうぞぉー

 

  

いいのかぁ?

 

 

ぐれて本領発揮すると遊び人の金さんになっちゃうぞぉー

 

 

て、木の葉散るごとく

 

 

妻に蹴散らされている・・・

 

 

いいのかぁ、俺・・・

 

 

ふん、確かに燃料代使いすぎた割には釣れんわなぁ

 

 

鮭釣りの後は・・・

 

 

イトウ釣りだよぉん、例年通りサ

 

 

笑顔で送り出し頼むよ!!

と、今から切に願うおやぴーであった


郵政民営化

テーマ:

え゛ー社会派の妄想おやじ→素人が今話題の郵政民営化を優しくぶった切って・・・


 

巷では、解散がどうの民営化がどうのとテレビを始め見ない時ありませんが


 
素人の我が輩目が素人なりに説明してみますね


 

主婦の方は、意外と関係ありますよ


民営化したい簡単なわけ


・民営化により他社との競争でサービス向上になり利便性が上がる・・・

 

・郵貯、簡保にある大金を民間に活用してもらい景気回復に結びつける・・・

 

・郵政事業を解体民営化することで銀行や、保険会社に活力を与える・・・

 

等々ありますが陰に隠れた訳をご存じですか?


実は、簡保、郵貯へ市民が預けているものすごい額のお金

 

実際は、郵政公社で持ってまへん、簡単に言うと懐に無い

 

国会を通さず各種公団、公社、国の機関へ国会の了承なしに貸し出してます

 

補助団体などにばらまいてます(言葉悪いけど)

 

つまり、日本という名の妻は旦那の給料で1年約80万(実際は兆)で生活しているのに

 

旦那は、せっせと皆から集めたお金2,300万(実際は兆)をいい振りこいて他人に貸し出してる

 

しかも返済が遅くて中々返してくれない相手ばかり・・・


で、民営化することでこんな事を無くそうと純粋に構造改革を考える人と

 

そう言うお金を借りに来るところへ顔の利く人をけ落とそうという思惑の人


こんな考えを持った議員の集まりが賛成の人

 

 


じゃ反対派の人はと言うと


・民営化による合理化で、 特定郵便局の廃止など

 地域に郵便局しかなくてもも儲けるために不採算局を閉鎖すると

 地域住民が困るだろぉ

 

・全国一律の郵便料が、例えば沖縄や北海道など遠くなればナルだけ

 コストがかかるのだから民間になれば市民負担が増えるなど

 純粋に国民サービスの低下を懸念している人


が、こちらも隠れたいいわけが・・・


まず、特定郵便局などの局長会は大事な有権者でその人達が反対している

自分も反対しないと思惑ある一票をもらえない、つまり落選したくない


簡保、郵貯の貸出先との密接な関係を持っていてこれまた票に響くし

様々な、利権と私欲が渦巻いていて・・・それらを手放したくない


野党の方も、純粋にサービス低下を懸念している人と利権を抱えている人

与党を分裂させたいという思惑とが複雑に絡み合ってて・・・

 

どっちにしろ、国民の民意は置いてきぼり・・・全くトホホな国だ!

 

そして、意固地になっている首相は法案が通らなければ解散だと言い放つ

 

選挙に掛かる国家予算も、僕ら庶民の税金なんですけどぉ

 

もちろん純粋に国民のことを考えている人もいますが、あなた方国会議員が

 

国会で居眠りしながら、料亭でこそこそしている間に

 

僕ら庶民は嘆いているのをご存じか!!

 

あなた方と、官僚の頭の中、思考、思惑、利権を構造改革する方が

 

 

 

 

 

  

明らかに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

先じゃぁ~

 

 

 

 

 

 


あくまでも素人庶民の考えなので鋭いつっこみはしないでね・・・

 







働き盛りの愚痴妄想

テーマ:
わが輩の住んでいる北海道は未だ大不況のまっただ中にある
公共事業や、交付税削減の煽りをもろに受け
みんながもがいてるのが現状だ


そして我が輩はそんな中の
言わずとしれた?紛れもない中高年である

なんといっても突然死、自殺の多い年代だ!

自分がその年になって初めてその意味がわかる
幸い我が輩の仕事は数字に表しにくい
多少のノルマ的なことはある物の営業マンよりは救いか?
しかしこれはこれで辛いモノがある
どんなにがんばっても数字に表れないからだ

その代わり結果に相反することが体に表れるのである

年前に健康診断を行いバリュウムを飲んだ
レントゲンに現れたのは腫瘍と胃のヘルニアの疑いだ

ポリープ?ん、ガン?悪性?良性?
とりあえずガン保険は掛かっている
年齢から言えば進行は早い、早期発見か?
はたまた手遅れか・・・<(_ _)>


この年齢での病気は何にしてもマイナスになる
私病休暇を取らなくてはいけない
あがらない給与から多額の医療費を払うことになる
家庭にも職場にも大きな負担をかけることになる

あーどうしようなのだ。

気にしつつ、度重なる忘新年会をこなし
新年も精密検査を受ける暇なく労働である

一時、検診のことは忘れる

いつしか体調を崩しとうとう病院送りとなる
自己管理が至らず・・・?
そして病気やストレスからの突然死が

これは本当に妄想なのか?現実か?


ハァーイ○○さん1番診察室へどうぞ
あーお子さんのインフルエンザが移ったようですねぇー
医者と我が輩の好物、白衣の天使がほほえむ

特効薬ありますから、大丈夫ですよ

・・・・先生、仕事と景気回復の特効薬も下さい・・・・

我が輩と同じ中高年の皆さん、健康は自己管理が大切ですヨ!!

しかし、我が輩未だ精密検査受けてないm(_ _)m