万年五月病?

テーマ:

この記事は常にTOPに表示されますぅ

最新記事は、この記事の次に表示される記事です

 

ふぅ~やっと戻って参りました

1時間ほど前に250キロを走破し帰宅しました・・・・・

 

 

疲れたぁ~~

 

 

明日普通通り仕事ですヤン

はよ寝んさい、てな感じですが月の初めでスモンね

 

5月と言えば、やっぱり5月病??


万年五月病のおやぴー♪です

 

なんとなぁく、やる気のでないあなた

なにげに、体の重いあなた

GW何てクソ食らえとお思いのあなた

 

そんな時は、思い切って愚痴っちゃいましょうよ!!


 

このコーナーは好きな時に、好きな事をコメント下さい 

 

他人を中傷する以外は、書き込みOKです

Hなことから、夫婦の悩み、子育て、政治、社会

それぞれの思いをぶっちゃけて下さい

AD

人生の岐路

テーマ:

やっと更新する気になったというか

 

疲れているというか・・・

 

疲れてんだろうなぁ~

 

今、鮭の薫製食べながら日本酒飲んでました

 

あれこれ考え事しながら

 

こんな時は酒だわなぁ

 

 

 

 

んーーー愚痴っぽい前置き

 

 

 

 

 

で本題、あなたは人生の岐路ってなんだと思います?

 

僕はやっぱり、何かを決断する時かなぁ

 

で、今僕はその決断を迫られてます

 

 

 

 

 

 

 

離婚

 

 

 

 

  

 

 

 

ではないです

 

何度もその危機はありましたけどね

 

今回は仕事の事なのです

 

転職でもなく

 

 

 

転勤

 

 

 

 

今北海道の最北端に近いところで仕事をしているわけですが

 

転勤先は、最南端にほど近い・・・・

 

 

ちゅ、中間はないんかいな

 

 

距離にして500キロ、まぁ北海道では珍しくない距離

 

距離は別に問題ではないし

 

同じ北海道だし(道内しか無い職場) 

 

 

一応、数年前に試験も受かっていて

 

 

転勤に応ずれば、昇格して一応栄転と言われるんだろうなぁ

 

 

問題は、病院

 

 

結構長いお付き合いのブロガーさん達はご存じの通り

 

我妻は、数年前に乳癌を患って以来

 

今日まで入院、退院、定期検診と繰り返してきました

 

主治医のいる病院までは今の町より40キロは近い

 

けど、交通事情や特に冬は交通の便が今より悪化

 

結果として通院までの時間がかかる事になる

 

最近は調子も良くだいぶ体力も回復してきましたが

 

もう大丈夫というお墨付きは一生無い病気

 

定期的な通院は欠かせないしそれが安堵へとつながる

 

妻は、「あんたの決断に従う」とは言ってくれてますが

 

本音は、通院にかかる時間、距離がネックだとも思っている

 

僕としてもそれは同意見

 

そしてもう一つ現在の僕の仕事は、国や道の政策に思いっきり左右される仕事

 

北海道も市町村合併が推し進められ

 

と同時に僕の職場も合併や縮小という方向へ進んでいる

 

僕と同じように昇格試験に合格していても

 

実際に昇格出来る人間は限られている

 

今回を逃すと確かにもうチャンスは巡ってこないかも知れない

 

昇格したいという気持ちもあれば、今のままNO2

で微温湯に浸かりながら多少の責任逃れを出来る立場(ネガティブぅ)

も、これはこれで良い

 

でも、男と言うよりいち社会人としてやっぱり上を目指さないのは

 

責任が無いとも思ってしまう

  

ある意味僕は楽しているしね

 

そんな自分の甘さも、どこかで変えなければと言う思いも強い 

 

さぁ、どうしたもんかねぇ~

 

自分がどこまでやれるのか不安と自己期待が交差する

 

そして何より妻の病気・・・

 

今の地に14年、多くの友人仲間を得た

 

新天地では0から始めなければならない

 

そんな期待と不安

 

独身の時はこんな事考えず、すぱっと転勤したんだけどなぁ

 

この転勤、本部の強い推薦と、先方の要望

 

んー結論が

 

なるべく早い回答が欲しいそうだ

 

勿論拒否も出来る

 


 

どうしたもんかねぇ~

 

 

 

最終的な答えは勿論自分で決める事だ

 

 


自分の人生の岐路


 

答えは、自分で出さなければならない

 

んーせっかく鮭釣りようにボートもかったのに・・・

 

転勤するとそれも機会を失うなぁ

 

等と悠長な事を言っている時間はあまり無い

 

さてどうしたもんかっ????

 

 

 

 

悩みの一週間が始まった

 

 

 

と言う事で酔いが少しずつ回ってきました

 

とりあえず本日は寝る事にします

 

 

皆様の貴重なご意見

 

 

 

 

よろよろ、ひゅっひゅぅー

(力が抜けてもぉてぴゅと書けなんだ・・・)   

 

 


予定変更

テーマ:

エー本当は、ボートフィッシングの予定でしたが・・・

 

 

 

海上から携帯にて更新の予定でしたが・・・

 

 

 

風が強いねんなぁ~

 

 

 

お前と一緒じゃあ危ないから中止

 

 

と言いつつ山奥へいざ走り

 

 

渓流にて息子とルアーフィッシングをしてきました

 

 

 

souta1

小1の我が息子の雄姿

 

 

 

ウエーダー(胴付)2,3年はきれる物と思ってかったら

 

大きすぎたようで、息子がすっぽりはまってしまう大きさ

 

歩きにくそうだけどよう歩いた

 

 

いつもは一人で入川するポイント、まれに熊もいるしね

 

笹藪や川の中を歩くのは息子にとって初体験

 

何度も転び、何度も起きあがり

 

 

「おとうちゃぁん~」の声が何度も

 

そのたんびに「男なんだから頑張りぃ」と励まし

 

川の渡り方、笹藪の歩き方を伝授

 

ま、体で覚えるしかないんだけどね

 

titi

入川前の注意事項を述べる鬼教官??

 

 

約3時間、川の中や笹藪、河原を歩きの釣行

 

7歳には正直きついけど

 

あまり、愚痴をこぼさずに結構頑張ってくれた

 

正直自分一人だと、1時間もかからんコースだけど

 

今日は、ゆっくり竿の降り方をレクチャーしながら

 

自然を楽しむ感じでの釣りに勤しんだ

 

時には、抱き上げて川を渡ったりと

 

いつもより神経は使うが

 

川を見て、魚を見てキラキラする息子に

 

改めて、生まれてきてくれてありがとうと心の中で呟いちゃった

 

 

 

そんな甲斐あってか、坊主無し

 

 

ごらんの通り息子にも釣れました

souta2

 

  

本当は、息子には難しいポイントだったので

 

親父が投げてヒットさせがっちり針がかかったのを見計らってから

 

「お前このままやってみぃ」と竿を手渡した

 

「お、お父ちゃん来たぁー」

 

「おー頑張れ、あせんなぁ、ゆっくりゆっくり巻け」

 

「んー」 バシャバシャ、ぎぅいーん

 

「よし、今ランディングするからな」 「OK!!」

 

 

何て言う、隠れた物語もありましたが

 

45オーバーの見事なトラウトでした 


 

 

帰宅後も、嫁に俺の(一丁前に俺という)釣ったのデカいっしょ?

 

「他にも釣れて、放してあげた」

「お父ちゃん、何て言う魚だっけぇ?」

 

と、大はしゃぎ

 

夕方も家の前で竿を振る練習がしたいと言ってましたが

 

飲み会の予定が入っていたので又明日つー事に

 

 

それにねぇ、この後4時頃には起きてボートにて釣り

 

本日、風無し波無しの予報

 

 

 

これから仮眠して、またもや息子と釣りです

 

準備も・・・しなくっちゃー

 

 

ビールで腹がキツイ・・・起きれるかなぁ

 

 

と言う事で寝ますね

 

 

海でも釣れますように!!  


 

サクッとUpでおやすみなさぁい

  


 

 

携帯より

テーマ:
060519_1131~0002.jpg
北海道の道北に位置する我が町でもやっと桜が満開になりました。

遅い訪れの春もこれからが本番かな?

明日は穏やかな天気になりそう

念願のボートフィッシングを息子としてこようと思います。
明日海の上から更新出来たらいいな!

♪(*^ ・^)ノ⌒☆


んじゃねぇー

よろぴゅっぴゅです

息子とちょっと感動

テーマ:

土曜日には、友人のボートでサロベツ川を遡り

 

秘密の場所へ行者ニンニクを取りに行ってきました

 

その日の晩には、ジンギスカンに行者ニンニクを

 

ぶっこんで舌鼓を打ったおやぴー♪です

 

旨かったぁ~強烈な匂いも割と少なく

 

これで血液サラサラ間違いなし

 

 

と、短い前置きで

 

 

 

昨日日曜日、義母と嫁で買い物に行くという

 

娘は当然ばぁちゃんと行くぅて感じ

 

 

さて息子

 

 

一緒に行けばおもちゃ他ワガママがきく

 

 

迷いに迷ったが

 

 

お父ちゃんと釣りに行くと(それでこそ嫡男)

 

 

で、二人でまず海を見に・・・・

 

 

風つよし、波たかしで断念

 

 

じゃ川へ行こうと言うことになりました

 

二人でインスタントラーメンとバターご飯で昼食

(熱々ご飯にバターを載せて醤油を垂らして混ぜ混ぜ)

 

一度バターご飯を息子に食べさせてからというもの

 

すっかりこの味のファンになったらしく

 

これだけで満足出来る親子なのです

 

 

さて、二人でいつもの渓流へ

 

ところが異常に寒かった4月のせいで

 

まだ残雪多く、おまけに先日の大雨で

  

川は濁流+増水で釣りになる状態になかった・・・

 

でも、春の日差しが心地よく

 

山の奥と言うことも有り色々な野鳥たちのさえずりを親子で楽しみました

 

何かが鳴くたびに、父ちゃんなんの声?

 

んーとあれは、・・・・・詳しくない・・・・

 

なんの鳥?

 

返答に困り、「バード」(英語にしただけじゃん)

 

とか答えたり

 

春の山菜が芽吹いてきているので(食べられるものは解る)

 

蕗のとう、行者ニンニク、コゴミ、たらんぼの目

 

なんかを教えつつ親子の会話を楽しむ

 

 

でもやっぱり、釣りがしたいらしい息子

 

濁らない川があるのを思い出し

  

山の奥から一路サロベツ原野へ

 

その間の約50キロ、助手席でうとうとし始めた息子

 

こういう時の寝顔って可愛いものだ

 

ただねぇ、車の中で寝ていても寝相が悪い・・・

 

 

 

そんなこんなで(どんなんだ)目的地へ

 

ところが濁っていないが川は大増水

 

畑も牧草も灌水していて釣り出来る状態じゃない

 

息子を起こして伝えるべきか寝かせたまま帰宅しようか

 

悩んでいるとぱっちり目を覚ます

 

仕方なく息子に状況説明をし帰宅しようと思っていたところ

 

遠くに白く大きな鳥を発見

 

 

 

鶴?マジィ

 

 

 

北海道でも釧路湿原にだけ生息しているのが

 

ここ数年数羽だがサロベツ原野にいるということは

 

新聞で知っていた

 

 

前日もサロベツ川を訪れたが見かけなかったし

 

本物の丹頂鶴を見るのは初めて

 

 

もちっと近くで見ようと息子と牧草地を歩く

 

その途端息子が

 

「お父ちゃんウサギ!!」

 

おー野ウサギじゃん、おまえよく見つけたね

 

毛もすっかり生え替わり茶色い毛をまとった野ウサギが走り去る

(冬眠しない野ウサギ冬は真っ白な毛に生え替わります) 

 

で、忍び足で鶴に近寄るも

 

300メーターほど離れてても警戒心が強く

 

すっと飛んでは離れていく

 

つる

 

携帯なので飛んでるのわかんないよね?

 

一端車へ戻り、農道を走っては鶴を見ようとするも

 

本当に警戒心が強く近寄らせてくれない

 

デジカメ忘れてきたし・・・

 

で思いっきりズームでやっと撮った写真がこれ


つる2

 

解るぅ?中央の白いのが鶴です

 


 

いやぁ何かね親子で感動しましたわ

 

その前に、山の中で色々な野鳥を見ていたので

 

尚更だったのか、ウサギの登場も+して

 

息子は、大喜びでした

 

釣りにはならなかったけど


こうやって父と子がゆっくりとした時間の中で

 

自然を相手に何かをするって言うのは

 

本当にイイねぇ

 

父が息子に教えてあげられる事というのは

 

限りがあるような気がする

 

だけど自然が教えてくれることと言うのは限りがないからね

 

本当に親子で

 

 

感動した!!

(小泉さん風に)

 

 

父と子で共有出来る感動ってあんまりない世の中で

 

こういう体験を出来るというのは素晴らしいことなんだろうなぁ

 

などと、ちょっとイイおやじぶってしまいました 

 

ここんところ子ネタが多いなぁ

 

まっいっか

 

と言いつつHな事も書きたい

 

おやぴー♪であった

 

終わり 


 


 

 


  

 


家庭訪問

テーマ:

いやぁ~GWもなぁんもしない内に

 

あっという間に過ぎ去ってしまいましたね

 

何というか・・・・・・・

 

以前も、嫁にブログの存在を知られているとは書いたんですが・・・

 

どうやら最近ちらっと読んだらしい

 

「あんたさぁ、あんまりくだらない事書かないでよねぇ」

 

と、言うようなことを言われてしまった(´0ノ`*)

 

そんな事もあり、しばらく、ほとぼりが冷めるまで 

 

Hネタ極力控えております

 

のでので、今回も子供ネタ、GWネタじゃない事が

 

いかにだらだらと過ごした連休だったか・・

 

ま、仕事は行きましたけどね

 

と、ちょい長めの前置きでお決まりです

 

 

 

さてさて、休み明け一発目8日の日

 

今春から就学した息子の初めての家庭訪問がありました

 

振り返ると、自分が幼少の時は先生が家に来ると言うだけで

 

ドキドキしたのを覚えています

 

何故か罪悪感?と隠したくなる様な何かがあった様に思えます

 

で、昼休みの時間をずらし先生がやってくる時間に自宅待機

 

 

嫁は、朝から掃除やら何やらで

 

やたらと家の中が綺麗、と言うよりよけいな物を

あっちこっちに押し込んでおりました

 

んでもってやってきました担任と見習いの副担任

 

学校生活の話なんかを聞き

 

まぁ入学して約1ヶ月学力の事を言ってもシャーないし

 

クラスメイトとどんな風に過ごしているとか

 

元気で明るくやってるとか、普通のお話をし

 

僕からは、学校に全てを押しつけるようなことはありません

 

家庭には家庭の役割、学校には学校の役割がありますから

 

それぞれの責務をちゃんと果たせる様お願いし

 

嫁からは(どうも不満だったらしく)

 

宿題を出して欲しいと要望が・・・

 

そっ、我が息子せっかく作って上げた机で勉強せん(解ってたけど)

 

それで、嫁としては机に向かって勉強する癖をつけたいらしく

 

5分10分で終わる程度で良いから

 

毎日何らかのお題を出して欲しいと

 

 

んーまぁ嫁の言っている事もなるほど解る

 

 

最近は、直行してDSだもんなぁ~

 

 

なもんで、そんな事を要望した

 

うんうん確かにそう、だけどなぁ~

 

おいらの子だからね、やっぱし遊びが優先だろうなぁ

 

これくらいの年齢って遊びたい盛りだもんね

 

まっ、あんまり口うるさく勉強しろと言うきはないけど

 

親としては、人並み?になって欲しいという

 

願望あるからねぇ

 

 

皆さんの所では家庭訪問どないだす?

 

 

教育方針なんてありますぅ?

 

 

とりあえず、我が家では

 

 

1.礼儀

2.思いやり、優しさ

3.本人がやりたいと言う事はチャレンジさせてみる

4.読み書き(基本ヨ基本)

5.子供らしさを重視

6.命について考えさせる(昆虫飼育ね)

 

まぁ、優先順位はないし

今考えたんだけどね

 

こんな所かなぁ、あ、後釣りを覚える事と山歩き

 

やっぱ、自然の豊富な田舎に住んでるんだもん

 

田舎でしか体験できないことはしとかないとね

 

 

一応、今月中旬には息子を連れて渓流釣りの予定

 

ま、釣りを通して山歩きの仕方

川歩きの仕方、何が危険でとか

  

自分の知っている知識、経験を息子に少しずつ

 

教えていこうと思います

 

それも教育でしょ?

 

親から子への・・・・・

 


んー熊に出会った時の対処だけは・・・

 

でも、獣道とかシッコの臭いで

 

狐かシカかわかるしね

 

これがウドで、蕗の雄雌とか、行者ニンニクの取り方とか

 

んーアウトドア系の事ばかりになってるなぁ~

 

仕方ないけどね、好きだから

 


なんかなぁ、やっと春らしくぽかぽかしてくると

 

遊びに目が行ってしまって体がうずく

 

そのせいか、息子とどんな風に釣りにとか山にとか考えてしまって・・・

 

 

嫁に、イエローカード出されそうだけど

 

 

良いよね? 

 

 

これも教育の一つ、父と子の男と男の絆だもんね・・・

 

 

と言う事で、休み明けも何故か子ネタのおやぴー♪でした

 

 

チャンチャン(古)