ザックのバックル修理 | 山の端(やまのは)トレイル

山の端(やまのは)トレイル

自然界が創り出す最高の曲線美「稜線」。今週もどこかの稜線に導かれて…そんな登山初心者の山行記録。


テーマ:

先日、編笠山登山に行ったとき、「さぁ今日もきばって登るべパンチ!」と出発しようとザックを背負うと・・・


オーマイガッあせる


ウエストハーネスのバックルの♂側が破損してるドクロ


山の端(やまのは)トレイル


プラスチックがペキっと折れていました。


登山を始めてまだ20座ほどしか登っていないのに、こんなに柔いものなのかい?


使っているのはミレーの35Lザック。


日帰り登山にはちょっと大きいかな~と思いつつも、なんやかんや入れるといつもパンパンになり、ちょうどいいサイズで気に入っています合格


その日はもう仕方がないのでウエストハーネスは絞めずに登ったわけですが、帰ってから肩が痛い痛いショック!


腰で荷物を支える大切さを痛感しました。



安いものではないので、バックルだけをなんとか交換したいのですが、♂側も♀側も糸で頑丈に縫い付けてある仕様で、ネットで色々調べてみるとメーカーに修理に出さなきゃ直せないみたい汗



急いで「石井スポーツ長野店 」に持っていきましたDASH!


僕:「これってメーカーに修理出さないとだめですよね」

店長:「縫い付けてあるタイプなのでメーカーですねぇ」

僕:「どれぐらいかかりますか?」

店長:「メーカーに修理に出すと最低でも3週間はかかりますよ」

僕:「ぐはっ」

店長:「・・・」

僕:「なんとか応急処置できないですかね?」

店長:「完全ではないですけど・・・」


と持ってきてくれたのが、バックルの老舗「ニフコ 」のバックル(210円)。



縫い付けてあるタイプなので、そのままでは取り付けできません。


そこで、



山の端(やまのは)トレイル

両方のベルトを留める部分に赤い印のように斜めに切り込みを入れます。


切り込みを入れるのは「のこぎり」を使います。(ダイソーで急いで買ってきました)


そして、ベルトをそこから押し込むと・・・


山の端(やまのは)トレイル


ありゃ不思議目


見事に修理完了グッド! 


といってもこれはあくまでも応急処置なので、長く持たせるためにはちゃんとメーカーに修理に出した方がいいです。


それでもさすがニフコのバックル。いいプラスチック使ってるねぇクラッカー


切り込みを入れたにもかかわらず、かなり頑丈です。


山の端(やまのは)トレイル

これでもうしばらくは登山を楽しめそうですにひひ



今年はテン泊デビューの予定なので、新たに大きめのザックを購入するつもりですが、いま考えてるのが「ホグロフス 」の60Lか70Lザック。


なんかかっこええねんなぁ、ホグロフス




登山ランキング参加中 こちらもポッチっとしてみてね→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



blue mountainさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス