『大綱引の恋』 | C2[シーツー]BLOG
新型コロナウイルスに関する情報について

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com

 

シネマスクープ 2021年5月公開のオススメ映画

『大綱引の恋』

◉上映時間:1時間48分 ◉配給:ショウゲート

公式サイト

名匠・佐々部清監督の遺作であり渾身作!

 

鹿児島で400年以上の伝統を誇る川内大綱引が舞台!

 

 

 『陽はまた昇る』、『半落ち』、『ツレがうつになりまして。』、『八重子のハミング』など、数多くのヒット作を産み出し、2020年3月31日に62歳で逝去された名匠・佐々部清監督の渾身のラストストーリー。人々の交流や、夫婦・家族を描くことにこだわった佐々部監督が、鹿児島の川内大綱引を軸に、主人公・有馬武志の家族や、彼自身の愛の物語を描き出す。主人公の武志を三浦貴大、武志が想いを寄せる甑島に勤務する韓国人女性研修医役を知英、武志の妹・敦子役には比嘉愛未、そのほか、中村優一、松本若菜、西田聖志郎、朝加真由美、升 毅、石野真子など実力派豪華俳優陣が集結。

 

 

STORY  

35歳独身で奥手の有馬武志は、鳶の親方で大綱引の師匠でもある父の寛志から、早く嫁をもらって、しっかりとした跡継ぎになれとうるさく言われていた。ある日、ふとした事件から韓国人研修医ジヒョンと出会った武志は、ジヒョンと次第に心を通わせるようになる。その頃有馬家では、母の文子が定年退職を宣言し、家事を放棄したため、家族たちが頭を悩ませていた。年に一度の一大行事である大綱引が迫る中、武志はジヒョンから2週間後に帰国すると告げられ……。

DATA 

●監督:佐々部清

●出演:三浦貴大、知 英、比嘉愛未、中村優一、松本若菜、西田聖志郎、朝加真由美、升 毅、石野真子…ほか

●主題歌:主題歌/AI「Story」

 

 

2021年5月7日(金) より伏見ミリオン座ほかROADSHOW

 

▲『大綱引の恋』上映館は…※5/7〜【名古屋】伏見ミリオン座、イオンシネマ名古屋茶屋【愛知】ユナイテッド・シネマ豊橋18、ミッドランドシネマ名古屋空港【岐阜】大垣コロナワールド【北陸】イオンシネマ金沢  ※6/11〜【静岡】静岡シネギャラリー ※6/19〜【三重】伊勢進富座  ※順次公開【静岡】CINEMAe_ra

 

 

(C)2020「大綱引の恋」フィルムパートナーズ