『マイ・フーリッシュ・ハート』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com

 

シネマスクープ 2019年12月公開のオススメ映画

『マイ・フーリッシュ・ハート

◉上映時間:1時間27分 ◉配給:ブロードメディア・スタジオ

 

チェット・ベイカー生誕90年記念作品!

 

孤高の天才は、なぜ異国のホテルで息絶えたのか?

 

 

 1950年代にトランペット奏者、そしてボーカリストとしてジャズシーンを席巻し、1988年に謎の転落死を遂げたチェット・ベイカーの最後の数日間に焦点をあてたノワールドラマ。チェット・ベイカー役をロックバンドでボーカルとしても活躍するスティーブ・ウォールが演じる。監督は本作が長編デビューとなるロルフ・ヴァン・アイク。本作はそんなチェットの“事故死”を探る刑事の姿を通し、チェットの最期の日々を浮かび上がらせていく。観客は映画の中で刑事と共に、チェットの恋人、ルームメイト、医者、マネージャーなどを訪れ、チェットがどういう人物であったかを少しずつ知り、チェット・ベイカーの知られざる“最期の日々”を辿る事になる。

 

 

STORY  

1988年5月13日金曜日、午前3時。アムステルダムに滞在中のチェット・ベイカーが、宿泊先のホテル2階の窓から落下して死亡した。現場に駆けつけた地元の刑事ルーカスは、前夜に出演予定のライブ会場に姿を見せなかったチェットの身に何が起こったのかを調べ始める。ドラッグによる事故死なのか、自殺か、あるいは何者かの関与か…!?ルーカスは、マネージャーのピーター、医師のフィールグッド、ルームメイトのサイモン、そしてチェットの最愛の女性サラなど、チェットの生前に関わった者たちを訪れ、チェットの心の闇に触れていく……。

DATA 

●監督・脚本:ロルフ・ヴァン・アイク 

●出演:スティーブ・ウォール、ハイス・ナバー、レイモンド・ティリー…ほか 

 

 

 

 

2019年12月7日(土)よりセンチュリーシネマほかROADSHOW

 

▲  『マイ・フーリッシュ・ハート』上映館は…12/7〜【名古屋】センチュリーシネマ【静岡】静岡シネ・ギャラリー  1/4〜【静岡】cinema e-ra  近日公開〜【三重】伊勢進富座

 

(C)2018(PUPKIN)-VPRO