『ベル・カント とらわれのアリア』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com

 

シネマスクープ 2019年11月公開のオススメ映画

『ベル・カント とらわれのアリア』

◉上映時間:1時間41分 ◉配給:キノフィルムズ

 

日米豪華キャストで贈る感動の人間ドラマ!

 

ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮

 

 

 Amazonのベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたアン・パチェットのベストセラー小説「ベル・カント」を、日米の豪華俳優陣の共演で映画化。世界的なオペラ歌手ロクサーヌ・コスを演じるのは、『アリスのままで』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーア。崇拝するコスを守ると共に、独自の美学を貫く実業家のホソカワを演じた渡辺謙は、これまでの人生のバックグラウンドをも感じさせる、厚みのある演技で魅了する。ホソカワの通訳を務めるゲンに加瀬亮。聡明で沈着冷静な男が、テロリストの一人に英語を教えるうちに心を通わせていく姿を繊細に演じた。監督は、脚本も手がけた『アバウト・ア・ボーイ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたポール・ワイツ。人の心を救うのは“力”ではなく、美しい芸術や温かな交流だと教えてくれる感動の人間ドラマ。

 

 

STORY  

アメリカ人ソプラノ歌手ロクサーヌ・コスは、南米の大統領からの招待で、海外の高官や、日本人実業家、ホソカワたちが集まるパーティーに参加し、歌を披露することになっていた。しかしそこには突然テロリストたちがなだれ込み邸を占拠。危機的な状況下で、<テロリストと人質>正反対の立場に置かれる彼らは、コスの美しい歌声を通して、心を徐々に通わせていく……。

DATA 

●監督:ポール・ワイツ

●脚本:ポール・ワイツ、アンソニー・ワイントラーブ

●出演:ジュリアン・ムーア、渡辺謙、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート、加瀬亮…ほか

 

 

 

 

2019年11月15日(金)よりTOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、センチュリーシネマほかROADSHOW

 

▲『ベル・カント とらわれのアリア』上映館は…11/15〜【名古屋】TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、センチュリーシネマ【岐阜】TOHOシネマズモレラ岐阜【北陸】ユナイテッド・シネマ金沢  11/16〜【愛知】TOHOシネマズ木曽川

(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.