小栗旬、蜷川実花監督 登壇!『人間失格 太宰治と3人の女たち』名古屋舞台挨拶REPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com

 


 文豪・太宰治が、死の直前に完成させた「人間失格」は、累計1200万部以上を売り上げ歴代ベストセラーのトップを争う、“世界で最も売れている日本の小説”。その小説よりもドラマチックだった<誕生秘話>を、世界で活躍する写真家であり映画監督の蜷川実花監督が、小栗旬を主演に、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみという豪華女優を太宰を取り巻く3人の女性たちに配役し映画化。ゴージャスでスキャンダラスな禁断のエンタテインメントが幕を開ける。

 

 

 小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を3人の女性たちの目線から描く『人間失格 太宰治と3人の女たち』が、9月13日(金)より公開。公開を記念した舞台挨拶が、9月15日(日)、ミッドランドスクエアシネマSCREEN1で行われ、主演の小栗旬さんと、蜷川実花監督が登壇した。

 

 

 

 

 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、作家・太宰治が死の直前に発表し、遺作となった「人間失格」の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初映画化したもの。世界で活躍する写真家・蜷川実花がメガホンをとり、そのスキャンダラスな恋と人生を、美しい映像美でスクリーンに凝縮してみせた作品だ。この映画の圧倒的な世界観の刺激を浴びた観客は、茫然自失状態。閉口気味に余韻に浸る観客の前に、スーツ姿の小栗旬さんと、モノトーンのワンピース姿の蜷川実花監督が呼び出されると、目を覚まされたように集まったファンが活気づき、舞台挨拶が始まった。

 

MC:公開おめでとうございます。まずは一言づつご挨拶お願いします。

 

小栗旬(以下、小栗)「お集まりいただきありがとうございます。大阪で交通渋滞に巻き込まれ、新幹線に乗り遅れるというトラブルがありまして、ここに辿り着けるかハラハラドキドキでした。間に合ってよかったです。短い時間ですがよろしくお願いします」

 

蜷川実花(以下、蜷川)「どうも、蜷川です。映画をご覧になった後ですよね!?いかがでしたか?短い時間ですが、よろしくお願いします:

 

MC:たった今、名古屋に到着したばかりですが、名古屋の印象を教えてください!

 

小栗「監督は出身が名古屋ですよね?」

 

蜷川「違うよ(笑)。名古屋は久しぶりなので、今回来れて嬉しいです。味噌煮込みうどんが食べたいですね」

 

小栗「僕の父が愛知出身なので、名古屋は所縁がある場所です。安心しますね」

 

MC:小栗さんが演じた太宰治が色っぽかったです!

 

蜷川「本当に色っぽかったです。小栗くんの演技をモニターでチェックしながら撮影しているんですけど、一番最初の観客なので、『フッー』って感じで、ちょっと興奮しながら見てました(笑)。例えば、それぞれの女性に対してのキスの仕方も違っていて、いろんな小栗くんが、観る人によっても変化していくというか、小栗くんの多種多様な色っぽさが見れることが、この映画の見所の一つだと思います」

 

MC:太宰治を演じることは難しい挑戦でしたか?

 

小栗「たしかに難しかったです。ただ、三島由紀夫さんだと映像や音声が残っていますが、太宰さんの資料は写真が主なんです。音声や動画はあまりなく、ほどんどの方が知らないんです。僕は、自分が想像する太宰さんを演じたわけですが、太宰治ファンの方々でも、どんな喋り方をしていたのかは定かではないんです。実在の人物ではありますが、声や仕草を似せるという事がなかった分演じやすかったかもしれないです。もし、『アレは違う!』と指摘されたら、『会ったことあるんですか?』って逆に言いたいです(笑)」

 

MC:々調べたと思いますが、どんな太宰修像にしたかったのですか?

 

蜷川「そうですね、起きている事柄だけを追っていくと、女性に対して、とてもひどい男だと思います。ただ、映画の中で、肉体を持って演じている太宰治は、ひどい部分を凌駕するだけ魅力的な男なんです。小栗くんにお願いして本当に良かったと思っています」

 

小栗「『グッド・バイ』という作品をどういうふうに終わらせて、そのあと、どんな人生を生きようとしていたのか!?すごく興味があります」

 

蜷川「途中からは、生きようとしていた人なんじゃないかと仮定しています。でも、よくよく考えると、コメディでもあり、ホラーでもある人生なんですよね。それがほぼほぼ実話というのに背筋が凍ります(笑)。あと、わりとひょうきんな一面もお持ちだったらしいです」

 

小栗「税金の督促上が届いた時には、『寄ってたかって!』と言って本当に泣いたらしいですから、けっこう泣き上戸な人でもあったと思います。興味が尽きない人物です」

 

MC:豪華な共演者ですが、印象深い撮影エピソードがあれば?

 

小栗「共演シーンが多かったのが成田凌くんです。すごく仲良くなりましたね。彼は、撮影現場の外を走っていましたよ。一つの場所にじっとしていられない性分なのか、はたまたエネルギーが有り余っていたのか、すごく重い縄跳びを飛んだりしていました。とっても愛嬌のある可愛い後輩です」

 

蜷川「小栗さんと成田さんとのお祭りのシーンがあって、クレーンで2人の芝居を撮影したのですが、エキストラの方もたくさんいるので、何テイクも撮影を重ねることになって、2人も緊張していたみたいでした。気合いが入りすぎたのか、芝居直前に『俺ら、絶対に間違えないようにしような』って喋っているのがイヤホンから聴こえてきて(笑)。とても緊張感のある撮影でした」

 

小栗「本当にタイミングが難しくて、何テイクも撮影したんですよね。だんだんだんだんテイクが重なっていくうちに、2人のミスで台無しにはできないなって気持ちになってきて、2人で『絶対間違えないようにしよう』って、あのシーンはけっこう痺れました」

 

MC:坂口安吾を演じる藤原竜也さんとのシーンも面白かったです!

 

蜷川「藤原くん、普段は長渕剛をずっと歌っているような人なんですが、今回演じてもらった坂口安吾と太宰治のシーンはすごく面白くて、名シーンですよね。2シーンあるのですが、1回目と2回目と藤原竜也の演技が全然違うんです」

 

小栗「藤原竜也は『なんでお前の映画に出なくちゃいけないんだよ!』って、僕に文句言ってましてけどね(笑)。彼に会うと『この人何も考えてないんだろうな』って感じるのですが、あのシーンでは、すごく考えている人を演じているのでびっくりしました(笑)。でも竜也はやっぱりすごいです!なんだろう!?観る人みんなの視線を集める力が凄いです」

 

MC:エネルギーがあふれるような撮影現場だったのですか?

 

小栗「素晴らしいスタッフが集まっている現場なので、僕たち演者は、ただ行けばいいという環境の中で演じていました。特にピリピリした感じもなかったと思いますが、後半、役の設定もあったので僕が少しピリついていたかもしれません」

 

蜷川「緊張感はある撮影現場でしたが、無駄な大変さは1個もなくて、みんな仲も良かったです。後半、小栗くんがすごく痩せていったので、みんなで体調の心配はしていました。小栗くんはずっと座長として、いい空気感を作ってくれて、私はすごく助かりました。あと、役者の方々がモニターの近くに集まってくれて、成田凌くんからは謎のチューイングガムをもらいました(笑)。監督周りに役者が集まるということはあまりないのですが、この現場では監督と役者との距離が近くて、ありがたい撮影現場でした」

 

MC:公開したばかりですが最後にメッセージをお願いします!

 

蜷川「構想から7年間、ずっと寄り添ってきた作品を観ていただくことができて嬉しいです。面白かったら是非身近な方に宣伝してください!本日はありがとうございました」

 

小栗「この映画のことを、みなさんに愛してもらって、いろいろな場所で話題になることを願っています。是非ご協力お願いします。本日はありがとうございました」

 

 

 

 

 

『人間失格 太宰治と3人の女たち
2019年9月13日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

 

(C)2019「人間失格」製作委員会