『いちごの唄』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com

 

シネマスクープ 2019年7月公開のオススメ映画

『いちごの唄』

◉上映時間:1時間54分 ◉配給:ファントム・フィルム

 

岡田惠和×峯田和伸が紡ぐ青春ラブストーリー!

 

最高の友情と切ない恋の思い出を描く

 

 

 本作は、数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、ミュージシャンで俳優としても活躍する峯田和伸のバンド銀杏BOYZが紡いだ青春と恋の物語。主演は、俳優のほか、バンド「The SALOVERS」のボーカリストとしても活動する古舘佑太郎と、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の石橋静河。共演は宮本信子、和久井映見、光石研、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里など豪華キャストが集結。銀杏BOYZの「漂流教室」、「ぽあだむ」、そして「いちごの唄」が本編を彩り、誰もがいつか経験した最高の友情と、切ない恋の想い出が、豪華なキャスト、スタッフによってキラキラと輝く青春映画となっている。

 

 

 

STORY  

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。たったひとりの親友・伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また。」毎年ふたりは七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる……。

DATA 

●監督:菅原伸太郎

●脚本:岡田惠和

●原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)

●音楽:世武裕子・銀杏BOYZ 主題歌:「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)

●出演:古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、光石研、清原果耶、小林喜日、大西利空、しゅはまはるみ、山﨑光、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里、吉村界人、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子…ほか

 

 

2019年7月5日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

 

▲『いちごの唄』上映館は…【名古屋】ミッドランドスクエアシネマ【愛知】MOVIX三好、ユナイテッド・シネマ豊橋18【三重】イオンシネマ津南

 

(C)2019「いちごの唄」製作委員会