『ギャングース』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

シネマスクープ 2018年11月公開のオススメ映画

『ギャングース』

◉上映時間:2時間 ◉配給:キノフィルムズ   R15+

 

3人の少年たちの再起をかけたリアル・ガチ・サバイバル!

 

 

 犯罪少年たちの実情を綴った鈴木大介氏の衝撃のルポルタージュをもとに、裏社会の実態を描いた人気コミック「ギャングース」が、高杉真宙、加藤諒、渡辺大知をトリプル主演に迎え実写映画化!身も心も社会の最底辺を生きる犯罪少年となった3人が息の合った掛け合い、抜群のコンビネーションをみせる。監督には『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』など社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠。原作の魅力をしっかりと受け継ぎつつ、主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメントに仕立て上げた。

 

 

 

STORY  
親も金も学もないサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、犯罪者をターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。ある日、半グレ系組織「六龍天」の振り込め詐欺の金の隠し場所を偶然知る。しかし、あるきっかけから「六龍天」に3人の身元が知られ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが……。
DATA 

●監督・脚本:入江悠

●原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)

●出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、伊東蒼、山本舞香、芦那すみれ、勝矢、般若、菅原健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI…ほか

 

 

2018年11月23日(金・祝)より
TOHOシネマズ名古屋ベイシティほかROADSHOW

 

▲ 『ギャングース』上映館は…【名古屋】TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、109シネマズ名古屋【愛知】TOHOシネマズ赤池、TOHOシネマズ東浦、TOHOシネマズ津島、TOHOシネマズ木曽川、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ユナイテッド・シネマ阿久比、ユナイテッド・シネマ岡崎、ミッドランドシネマ名古屋空港【岐阜】TOHOシネマズ岐阜、TOHOシネマズ モレラ岐阜【三重】109シネマズ四日市【北陸】鯖江アレックスシネマ、ユナイテッド・シネマ金沢、TOHOシネマズ高岡、TOHOシネマズ ファボーレ富山【静岡】TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズサンストリート浜北、TOHOシネマズららぽーと磐田

 

(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス