『来る』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

シネマスクープ 2018年12月公開のオススメ映画

『来る』

◉上映時間:2時間14分 ◉配給:東宝  PG12

 

鮮烈! 強烈! 超絶! ガクブル! 最恐エンターテイメント

 

鬼才・中島哲也監督が放つ衝撃作!

 

 

 映画『嫌われ松子の一生』や『告白』など、数々のセンセーショナルな名作を生み出してきた日本映画界の鬼才・中島哲也による最新作。『渇き。』以来およそ5年ぶりとなる本作は、人間の心の闇を描くかつてない最恐エンターテインメント。原作となったのは、「第22回日本ホラー小説大賞」にて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」。”得体の知れないものが忍び寄る”という王道の恐怖と、”今まで正義に見えていた人が角度を変えると全く別人に変わる”という人間の中に潜む恐怖という、2重の恐ろしさを描きだす。

 

日本を代表する5人の演技派俳優が集結!

 

 

主人公のオカルトライター役を演じるのは、『散り椿』をはじめ主演映画が目白押しの岡田准一。その恋人で強い霊感を持つ女性に中島監督作『渇き。』で才能を見出された小松菜奈。そして、夫婦役で黒木華と妻夫木聡が共演する。また、『告白』で中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子が日本最強の霊媒師役で強烈な印象を残す。ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が集結した。

 

 

STORY  
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが……。
DATA 

● 監督:中島哲也

● 原作:「ぼぎわんが、来る」澤村伊智(角川ホラー文庫刊)

●出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、柴田理恵、太賀、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光、石田えり、松たか子、妻夫木聡…ほか

 

 

 

 

2018年12月7日(金)より
ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

 

▲『来る』上映館は…【名古屋】ミッドランドスクエアシネマ、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、109シネマズ名古屋、イオンシネマワンダー、イオンシネマ大高、イオンシネマ名古屋茶屋、中川コロナワールド【愛知】MOVIX三好、TOHOシネマズ赤池、TOHOシネマズ東浦、TOHOシネマズ津島、TOHOシネマズ木曽川、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ユナイテッド・シネマ阿久比、ユナイテッド・シネマ稲沢、安城コロナワールド、小牧コロナワールド、豊川コロナワールド、イオンシネマ豊川、イオンシネマ長久手、イオンシネマ豊田KiTARA、イオンシネマ岡崎、イオンシネマ常滑、ユナイテッド・シネマ岡崎、ミッドランドシネマ名古屋空港【岐阜】TOHOシネマズ岐阜、TOHOシネマズモレラ岐阜、関シネックスマーゴ、イオンシネマ各務原【三重】イオンシネマ桑名、イオンシネマ東員、イオンシネマ津、イオンシネマ津南(11/9オープン)、イオンシネマ鈴鹿、109シネマズ四日市、109シネマズ明和【北陸】福井コロナワールド、鯖江アレックスシネマ、敦賀アレックスシネマ、イオンシネマ御経塚、イオンシネマ金沢、ユナイテッド・シネマ金沢、イオンシネマ金沢フォーラス、イオンシネマ新小松、金沢コロナワールド、シネマサンシャインかほく、TOHOシネマズファボーレ富山、J-MAXシアターとやま、TOHOシネマズ高岡【静岡】TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズサンストリート浜北、TOHOシネマズららぽーと磐田

 

(C)2018「来る」製作委員会

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ