理学療法士を描く医療現場の真実の物語『栞』予告映像&本ポスタービジュアル解禁!! | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

 

    10月26日(金)より全国順次公開となる理学療法士を描く医療現場の真実の物語『栞』。今回待望の予告映像と、本ポスタービジュアルが解禁!

 

 

 本作は、理学療法士の経歴を持つ監督・榊原有佑の実体験をもとにオリジナル脚本で綴られた命の物語。解禁されたポスタービジュアルでは、主人公の理学療法士・高野を演じた三浦貴大と、不慮の事故で半身不随となってしまったラグビー選手の患者を演じた阿部進之介のビジュアルが起用された。医療現場での限界を丁寧に描いた作品だが、医療の先に常に見えるのは「希望」の2文字。患者と向き合いながら、患者をサポートする側の「希望」と、患者自らが向き合う「希望」。2つの希望が交錯するビジュアルが完成した。

 

 

 更に、予告映像では、世界的なピアニスト西川悟平が奏でる音楽を背景に、主人公、高野の苦悩が綴られる。日々患者と向き合いながら医療現場に立つ理学療法士たちの限界とは?「一体、何が出来るのか—」。その限界に苦悩しながらも自らの希望と、患者の希望に応えようとする姿を垣間見ることができる。そして映像には、主人公高野を演じた三浦貴大、元ラグビー選手の患者を演じた阿部進之介、高野の妹を演じた白石聖、高野の職場の同僚として登場する池端レイナ、前原滉、更に高野の父を演じた鶴見辰吾のシーンが盛り込まれている。

 

2018年10月26日(金)より、ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

 

(C)映画「栞」製作委員会

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス