『ルームロンダリング』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

シネマスクープ 2018年7月公開のオススメ映画

『ルームロンダリング』

◉上映時間:1時間49分  ◉配給:ファントム・フィルム

 

池田エライザがオカルト女子を演じたコミカル・ファンタジー!

 

こじらせてきた分だけ、幸せになれるハートウォーミングコメディが誕生!人生こじらせ真っ最中の主人公・御子を演じるのは、映画『みんな!エスパーだよ!』のヒロインに抜擢されて以降、女優として躍進著しい池田エライザ。オダギリジョーが叔父の悟郎役を演じるほか、渋川清彦、健太郎、光宗薫らが共演。

 

 

STORY  
5歳で父親と死別した八雲御子。翌年には母親も失踪してしまい、祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。しかし、祖母の葬式に母親の弟である雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。その仕事とは、ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消しにし、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化すること=“ルームロンダリング”。引っ込み思案で人づき合いが苦手な御子にとって都合の良い仕事だったはずが、行く先々で待ち受けていたのは、幽霊となって部屋に居座る、この世に未練たらたらな元住人たち。ミュージシャンになる夢を諦めきれないパンクロッカーや見ず知らずの男に命を奪われ恨み節が止まらないOL、カニの扮装をした小学生!?なぜか彼らの姿が見えてしまう御子は、そのお悩み相談に振り回されて…!?
DATA 

●監督・脚本:片桐健滋

●出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョーほか

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月7日(土)よりセンチュリーシネマほかROADSHOW

 

(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス