『孤狼の血』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

シネマスクープ 2018年5月公開のオススメ映画

『孤狼の血』

◉上映時間:2時間6分  ◉配給:東映  R15+

 

東映が満を持して放つ、超衝撃作!

 

血沸き肉躍る、渇望の映画恍惚と狂熱の126分

 

 

「警察小説×仁義なき戦い」と評され、第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子の同名小説を映画化!コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、日本映画を塗り替える作品となるだろう。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描き出す。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は、生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。

 

 

規格外のチャレンジ作品に豪華キャストが集結!

 

 

『警察じゃけ、何をしてもええんじゃ』と、アウトローな刑事・大上章吾役を演じるのは、日本映画界を代表するスターであり且つ名優の役所広司。大上のやり方に疑問を持ちながらも徐々に影響を受けていくエリート新人刑事・日岡秀一には松坂桃李。尾谷組の若頭役を江口洋介が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY  
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し……。
DATA 

●監督:白石和彌

●出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介…ほか

 

 

 

 

2018年5月12日(土) より
ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

 

▲『孤狼の血』上映館は…【名古屋】ミッドランドスクエアシネマ、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、109シネマズ名古屋、イオンシネマワンダー、イオンシネマ大高、イオンシネマ名古屋茶屋、中川コロナワールド【愛知】MOVIX三好、TOHOシネマズ赤池、TOHOシネマズ東浦、TOHOシネマズ津島、TOHOシネマズ木曽川、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ユナイテッド・シネマ阿久比、ユナイテッド・シネマ稲沢、安城コロナワールド、小牧コロナワールド、半田コロナワールド、豊川コロナワールド、イオンシネマ豊川、イオンシネマ長久手、イオンシネマ豊田KiTARA、イオンシネマ常滑、イオンシネマ岡崎、ユナイテッド・シネマ岡崎、ミッドランドシネマ名古屋空港【岐阜】TOHOシネマズ岐阜、TOHOシネマズモレラ岐阜、関シネックスマーゴ、イオンシネマ各務原、大垣コロナワールド、CINEX【三重】イオンシネマ桑名、イオンシネマ東員、イオンシネマ津、イオンシネマ鈴鹿、109シネマズ四日市、109シネマズ明和【北陸】福井シネマ、鯖江アレックスシネマ、福井コロナワールド、イオンシネマ御経塚、イオンシネマ金沢、ユナイテッド・シネマ金沢、イオンシネマ金沢フォーラス、イオンシネマ新小松、金沢コロナワールド、シネマサンシャインかほく、TOHOシネマズファボーレ富山、TOHOシネマズ高岡【静岡】TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズサンストリート浜北、TOHOシネマズららぽーと磐田

 

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス