冨手麻妙、猪塚健太 登壇!『娼年』大ヒット舞台挨拶@名古屋・センチュリーシネマREPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:

 

 

 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化。退屈な日常を送る20歳の大学生・森中領は、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ“娼夫”となる。リョウはさまざまな女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望や心の傷を優しく愛し、自らも少しずつ成長していく。原作の魅力をそのままに、美しくも鮮烈な愛のドラマが完成した。

 

 

 『娼年』が4月6日(金)に劇場公開!大ヒットスタートを記念した舞台挨拶が4月13日(金)に大阪、そして4月14日(土)に名古屋・センチュリーシネマで行われ、出演の冨手麻妙さん、猪塚健太さんが登壇した。

 

舞台挨拶REPORT

 

 本編上映後、ステージに登壇した二人は 冨手「名古屋で舞台挨拶をするのは初めてです。『娼年』で名古屋の舞台に立つことができて嬉しいです」。名古屋市の隣、瀬戸市出身の猪塚は「小さい頃から映画を観るのは栄でした。ここで舞台挨拶ができるのは凱旋だと思っています」と喜びのコメント。

 

 

 舞台挨拶でまずMCに問われたのは、大発生している口コミについて。女性の評判が高いことをどう思うかと聞かれると、冨手は「この作品は女性が観て身近に感じる、嬉しく感じる映画です。女性の味方になる映画だからだと思います。」と語った。 猪塚は「この映画は、観た後に誰かと話したくなる作品なんです。なかなか普段「セックス」と発言することはないし、僕もこの映画で初めて話していますけれど(笑)、そういうテーマについて語りたくなる映画なんだと思います。」と答えた。

 

 

 三浦監督が本作を「セックス・エンターテインメント」と表したことを紹介し、冨手、猪塚が「笑えるシーンがあったら爆笑して欲しいです」と話しながら、客席にどこのシーンが笑えたかを尋ねる場面も。「西岡德馬と佐々木心音が演じた泉川夫妻とリョウのシーンが笑えた」という観客の声が届くと「あのシーンは笑わずにはいられないですよね!」と猪塚。 すると「(猪塚演じる)東のパンツがあんなにいやらしいのも実は笑えるんですよ(笑)」と冨手。猪塚演じるNO.1娼夫・東は、銀色のきわどい下着を身にまとい、主人公・リョウと過激な行為を行う。「あのパンツは何故?」と冨手が問うと猪塚は「三浦監督に「東だったら何を履くと思う?好きなのを買って良いよ」と言われ、紐の細さ、輝き具合の違う銀色のパンツを数種類用意しました。今でも家にあります(笑)」と答え会場を沸かせる。

 

 

 その後トークは主人公・リョウについての話題に。 猪塚は「(松坂は)自分が一番大変なのに、常に周りに気を配っていました。濡れ場でも相手に合わせてサポートをしてくれるんです。好きになってしまいますよね。」と振り返る。 冨手は「松坂さんは、撮影を重ねるごとに“リョウが成長していくこと”を表情や感情で表現していました。役者としての凄さを感じました。」と語ると、猪塚も「セックスシーンだけを観ても、リョウの成長がわかるようになっているんです。」と松坂の全身全霊の演技を讃えた。

 

 

 舞台挨拶の最後には、猪塚は「観れば観るほど話したくなる映画。R-18指定で敬遠している人もいるようですが、皆さんの声が一押しになると思っています。「一緒に話したいから観て」とか、ぜひ周りの人たちにお話して欲しいです。」と話した。 冨手も「観終わった後に居酒屋や喫茶店で「あのセックスシーンが良かった!」とか気軽に話して欲しいです。三浦監督も言っていましたが、笑いどころでは思いっきり笑って、感動するシーンでは思いっきり泣いて、色々な感情を引き出して欲しいです。」と語り、舞台挨拶は盛況のうちに終了した。

 

 

『娼年』2018年4月6日(金)よりセンチュリーシネマほかROADSHOW

公式サイト 

 

 

STORY 

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門⼤学生。⽇々の生活や⼥性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気⼒な生活を送っている。ある⽇、リョウの中学校の同級生で、ホストクラブに勤める⽥嶋進也(たじましんや)が、美しい⼥性をバーに連れてきた。⼥性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「⼥なんてつまんないよ」というリョウに静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける⼥性専⽤コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。入店を決意した領は、その翌⽇に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ⼾惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、⼥性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを⾒つけていく。 

 

DATA 

主演:松坂桃李 

監督・脚本:三浦⼤輔 

原作:⽯⽥⾐良「娼年」(集英社⽂庫刊) 

配給:ファントム・フィルム 

R18+ 

 

(C)⽯⽥⾐良/集英社2017映画『娼年』製作委員会

 

#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス