入江悠監督『ビジランテ』INTERVIEW | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



 大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太トリプル主演。荒々しく破滅へと突き進む哀しき男たちの刹那的な生き様を描き出したバイオレンス・ノワール『ビジランテ』。脚本・監督は『22年目の告白―私が殺人犯です―』が邦画3週連続1位の快挙をうちだし、注目が集まる鬼才・入江悠。約10年ぶりのオリジナル作品で、壊れた倫理観、醜い人間性、映画でしか描けない限界に挑戦した衝撃作で新境地をを開拓。そして大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が、三兄弟の役で狂気に満ちた愛憎をぶつける迫真の演技でせめぎ合う。



 今回、公開前のキャンペーンでメガホンをとった入江悠監督が来名!映画化のきっかけ、撮影エピソードを語ってくれた。

INTERVIEW



『ビジランテ』2017年12月9日(土)よりセンチュリーシネマほかROADSHOW

公式サイト



(C)2017「ビジランテ」製作委員会



#エーガね


《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス