菅田将暉、永井聡監督 登壇!『帝一の國』舞台挨拶REPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



集英社ジャンプSQ.で2010年~6年間連載された漫画「帝一の國」(著:古屋兎丸)。美麗な作画と異色の物語に漫画ファンが熱狂!2014年には舞台化もされて絶大な人気を博した。待望の映画化の主演は、いま最も勢いのある若手トップ俳優・菅田将暉。原作ファンだった菅田は「帝一を演じられるのは自分しかいない!」と渾身の熱演をみせる。また帝一のライバルとなる超個性的な生徒の面々を演じるのは、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら主役級の若手俳優陣。さらに永野芽郁、吉田鋼太郎らが共演。メガホンをとるのは、『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』など話題作を手掛けてきたCM界の鬼才・永井聡。脚本は『ROOKIES』のいずみ吉紘。主題歌は、クリープハイプが書き下ろす。



今回、日本縦断舞台挨拶ツアー(福岡、広島、大阪、名古屋、札幌、仙台、さいたま、新宿)を決行する中、4月30日(日)に名古屋・ミッドランドスクエアシネマで舞台挨拶が行われ、生徒会長選挙に命をかける男・赤場帝一を演じた菅田将暉とメガホンをとった永井聡監督が登壇!その模様をレポート!







『帝一の國』2017年4月29日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト


(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝
(C)古屋兎丸/集英社



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス