『だれかの木琴』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



シネマスクープ 2016年9月公開のオススメ映画

『だれかの木琴』
◉上映時間:1時間52分 ◉配給:キノフィルムズ

常盤貴子と池松壮亮が初共演!
魂の美しき共鳴の物語



平凡に生きてきた主婦の小夜子が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心を囚われていく……。美容師へのストーカー行為を繰り返す主婦の姿を描いた井上荒野の小説を、常盤貴子と池松壮亮で映画化。監督は『もう頬づえはつかない』『絵の中のぼくの村』『わたしのグランパ』などを手がけたベテラン・東陽一。そのほか、小夜子の夫に勝村政信、海斗の恋人に佐津川愛美が扮している。どこにでもいる主婦の小夜子に、本当は何があったのか……!?最後にそれを理解した時、観る者の心の奥底に眠る孤独感と疎外感が解き放たれていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く大人のためのサスペンス。



STORY 
優しい夫と中学生の娘を持つ普通の主婦・小夜子は、念願の一軒家に引っ越し、新しく見つけた美容院で美容師・海斗と出会う。しかし、お礼の営業メールに返信したことから小夜子の日常が一変!? 海斗へのストーカー行為がエスカレートし……。

DATA
◉監督・脚本・編集/東陽一 
◉出演/常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美、勝村政信…ほか







9月10日(土)よりセンチュリーシネマにてROADSHOW

(C)2016「だれかの木琴」製作委員会



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス