映画『青空エール』で、甲子園を目指す高校球児役に挑戦した竹内涼真さんにINTERVIEW | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音の人気コミック「青空エール」を、『orange-オレンジ-』の土屋太鳳と、「仮面ライダードライブ」「下町ロケット」の竹内涼真の共演で実写映画化。夢を追いかける吹奏楽部のヒロイン・小野つばさ役を土屋太鳳が、甲子園を目指す野球部員で、つばさを傍で支える山田大介役を竹内涼真が演じる。吹奏楽部の先輩に「これが最後の制服姿」と意気込む志田未来。そして顧問には今回初の指揮者役として上野樹里が出演。また、主題歌はGReeeeNの「キセキ」。この曲を妹分・whiteeeenがカバー。世代を超えて胸をアツくさせる伝説の名曲が映画を彩る。監督は『僕等がいた 前篇/後篇』『陽だまりの彼女』『アオハライド』の三木孝浩。まぶしくて切ない恋愛の世界観を作り出してきた青春映画の名手が「今作が自身の集大成」と語るほどの、新たな感動傑作が誕生した。



今回、キャンペーンで主演の竹内涼真さんが来名!役作りのために初めて本格的に野球に挑戦、その中でもキャッチャーという重要なポジションの動きを習得!スポーツとドラマの二刀流で挑んだ本作に寄せる想い、そして撮影エピソードを訊いた。



《NOW EDITING》


『青空エール』2016年8月20日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト


(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス