野村周平&豊島圭介監督『森山中教習所』名古屋舞台挨拶REPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



「月刊!スピリッツ」に連載され、夏の終わりに非公認教習所に通うハメになった大学生とヤクザの組員が、教習所に集ういわくつきの人々を描いた「森山中教習所」は、新鋭漫画家・真造圭伍がわずか23才で描き上げたデビュー作。思いも寄らない展開と、驚くほどのさわやかな読後感、そして自由な絵柄が激賞され、松本大洋の再来と評された漫画だ。映画化にあたって、今最も輝く若手俳優、野村周平と賀来賢人がW主演でキャスティング!そして、岸井ゆきの、光石研、麻生久美子らが脇を固める。監督は、『ソフトボーイ』『花宵道中』『ヒーローマニア‐生活‐』と様々なジャンルの映画を緩急自在に演出する豊島圭介。劇中の音楽には、元SAKEROCKのメンバーであるグッドラックヘイワ、主題歌「Friend Ship」は、「友情と愛情の、うまく言葉にできない部分を音楽にしたいと思った」、と語る星野源。田舎町の教習所を舞台に、個性的なキャラクターたちが巻き起こすひと夏の喧噪が描かれていく。

舞台挨拶REPORT
【日 時】6月10日(金) 
【会場】 センチュリーシネマ
【登壇者】野村周平、豊島圭介監督
【MC】@FMパーソナリティー 川道良明

今回、キャンペーンで来名した主演の野村周平さんと豊島圭介監督が、6月10日(金)、センチュリーシネマでで行われた先行上映会の舞台挨拶に登壇。2人は仲も良く、ボケとツッコミを繰り返しながら、会場は笑いの渦に包まれた。約20分の舞台挨拶の最後、本来なら退場のところだが、MCの締め言葉にクレームをつけた野村さんが全員参加の一本締めのかけ声を発し、舞台挨拶が終了した。



『森山中教習所』2016年7/9(土)→センチュリーシネマほかROADSHOW


公式サイト

(C)2016 真造圭吾・小学館/「森山中教習所」製作委員会



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス