『シマウマ』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



シネマスクープ 2016年5月公開のオススメ映画

『シマウマ』
◉上映時間:1時間43分  ◉配給:ファントム・フィルム R15+

日本映画界の限界を超えた
ヤバ過ぎる超問題作遂に公開!

絶対に読んではいけない漫画



2010年よりヤングキングにて連載中で、累計発刊部数約150万部を超える人気を誇り、現代社会の暗部を強烈に切り取りながら身近に潜む闇を炙り出す、小幡文生による漫画「シマウマ」が禁断の実写映画化!日本映画界の限界を超えて、観る者の倫理観を揺るがす衝撃の超問題作だ。



ハード&ダークに演じる役者陣



主人公・ドラ/倉神竜夫を演じるのは、今最も注目を集める若手俳優・竜星涼。また、回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカに須賀健太、同じく回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌに日南響子、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマに加藤雅也、その他にも、高橋メアリージュン、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二、福士誠治など、一癖も二癖もある面子が脇を固めている。

STORY 
美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫=通称・ドラ。ある日、ヤクザを引っかけてしまったことから、ドラの日常は暗闇へと堕ちていき、ドラは、他者から受けた屈辱などに対し、手段を選ばずに代理で復讐する「回収屋」の世界へ足を踏み入れることになり……。

DATA
◉監督/橋本一
◉原作/小幡文生「シマウマ」(少年画報社刊)
◉出演/竜星涼、須賀健太、日南響子、高橋メアリージュン、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二・福士誠治、加藤雅也…ほか


5月21日(土)よりセンチュリーシネマにてROADSHOW


(C)2015 東映ビデオ



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス