『太陽』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



シネマスクープ 2016年4月公開のオススメ映画

『太陽』
◉上映時間:2時間9分 ◉配給:KADOKAWA PG12

誰も出会ったことのないハイブリッド映画



映画『太陽』の原作は 2011年に劇団イキウメによって上演された同名舞台。劇団イキウメとは、劇作家であり演出家の前川知大が主宰する劇団であり、舞台「太陽」はこれまで読売演劇大賞をはじめさまざまな演劇賞に輝く傑作。映画化を熱望したのは『SR サイタマノラッパー』シリーズや『ジョーカー・ゲーム』で知られる気鋭の入江悠監督。前川氏と入江監督が共同脚本という形で、映画『太陽』の実写映画化が実現した。主演は若手俳優のなかでも群を抜いた人気と演技力を持つ神木隆之介と門脇麦。





STORY 
21世紀初頭、バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。人口は激減し、なんとか生き残った人類は、心身ともに進化しながらも太陽の光に弱くなり夜しか生きられなくなった新人類「ノクス」と、ノクスに管理されながら貧しく生きる旧人類「キュリオ」という2つの階層に分かれて生活していた。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和していくのか……。

DATA
◉監督・脚本/入江悠
◉出演/神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、綾田俊樹、水田航生…ほか








4月23日(土)よりセンチュリーシネマほかROADSHOW

▲『太陽』上映館は…※4/23~【名古屋】センチュリーシネマ【愛知】ミッドランドシネマ名古屋空港
※5/21~【愛知】ユナイテッド・シネマ豊橋18
※6/11~【三重】イオンシネマ東員
※順次公開【静岡】静岡シネギャラリー、CINEMAe_ra

(C)2015「太陽」製作委員会



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス