『エヴェレスト 神々の山嶺』名古屋舞台挨拶REPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



第11回柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏による小説「神々の山嶺」を、『愛を乞うひと』などを手がけた平山秀幸監督のメガホンにより映画化。主人公の山岳カメラマン・深町誠役を『永遠の0』の岡田准一、伝説のクライマー・羽生丈二役を『テルマエ・ロマエ』の阿部寛、ヒロイン・岸涼子役を『そして父になる』の尾野真千子が演じ初共演を果たした。リアルな人間ドラマにしたいと、実際にエヴェレストに行き、高度5500m付近で撮影を敢行したというから驚きだ。スタッフ&キャストが一丸となって過酷な撮影に挑み、見ている方も思わず手に汗を握ってしまう物語が誕生した。また、エヴェレストを巡る2人の男の情熱と、男をひたすら待ち続ける女とのロマンスにも胸が熱くなる。

名古屋舞台挨拶REPORT
◉日程: 2月20日(土)18:30開演
◉会場:ミッドランドスクエアシネマ
◉登壇:岡田准一、平山秀幸監督 ※ご当地ゲスト:稲吉佑紀(アルピニスト・代々はし山岳会在籍)
◉MC:CBCアナウンサー/永岡歩




今回、2月20日(土)にミッドランドスクエアシネマで『エヴェレスト 神々の山嶺』CBC特別試写会が行われ、主演の岡田准一さん、平山秀幸監督が登壇。オープニングの挨拶で「実際にエヴェレストで撮影した作品です。なぜ山に登るのか?その答えを感じ取ることができるかも?」と岡田さん、「みなさんに観ていただくことで、ようやくエヴェレストから下山した感じがします」と平山監督がコメント。「空気は半分、マイナス20度という世界での撮影なんですが、僕は日頃から鍛えているので、軽く見えるという専門家からのご指摘があり、歩くシーンでは防寒着の中に岩を詰められました」と岡田さんが撮影エピソードを披露した。また途中で、ご当地ゲストとしてアルピニストの稲吉佑紀さんが紹介され、「高い標高での撮影ということで、岡田さんの息づかいが本当にリアルでした」とプロの目からも映画の凄さを評価した。



『エヴェレスト 神々の山嶺』2016年3/12(土)→ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト


(C) 2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会



#エーガね

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス