『午後3時の女たち』 | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:




シネマスクープ 2015年11月公開のオススメ映画

『午後3時の女たち』
◉上映時間:1時間38分 ◉配給: アットエンタテインメント R15+

平凡な主婦が
ストリッパーの少女と出会い
覚醒していくコメディドラマ



クエンティン・タランティーノが大絶賛!



サンダンス映画祭で監督賞を受賞し、クエンティン・タランティーノが『ブルージャスミン』『フランシス・ハ』と並べて“2013年ベスト映画10”に選出した作品がついに日本公開!アラフォーの女性がストリッパーの少女と出会い、それまで知ることのなかった性的体験をしていく様子が、日常に宿るユーモアを拾いながら、リアルな感覚で描かれる。監督はWomen In Film 2015クリスタル・ルーシー賞を、「グローリー/明日への行進」の監督と共に受賞し、大いに注目のジル・ソロウェイ。平凡な主婦を演じるのは「なんちゃって家族」でコメンディエンヌの要素を発揮したキャスリン・ハーン。ストリッパーを演じるのは少女と女性の間の危うい魅力を持つジュノー・テンプル。







STORY 
一見とても幸せそうな生活を送る主婦レイチェル(キャスリン・ハーン)。セックスレスを相談する心理カウンセラーに、彼女は語る。不満はないの。でも、日常の中で女性としての魅力を失っていく漠然とした焦燥感。ある日、レイチェルは友人たちと遊びで訪れたストリップクラブで、少女のようなルックスで強烈な性的魅力を放つストリッパー、マッケナ(ジュノー・テンプル)に出会った。レイチェルは住むところを失い困っている彼女を、家族も住む家に住まわせることに。しかし、彼女はただのストリッパーではなく、体も売る娼婦だったー。少女のようなルックスを持ちながら、卓越した百戦錬磨のエロテッィックな技術を持つ彼女から、いろいろな手ほどきを受け、これまでの人生で知ることのなかった彼女の世界を垣間見るうちに、レイチェルの日々と生き方が変化していく-。

DATA
◉ 監督・脚本/ジル・ソロウェイ
◉出演/キャスリン・ハーン、ジュノー・テンプル、ジョシュ・ラドナー、ジェーン・リンチ、ミカエラ・ワトキンス、ジェシカ・セント・クレア、キーガン=マイケル・キー、ジョシュ・スタンバーグ、ノア・ハープスター、ジョン・カペロス、ユージン・コルデロ…ほか



11月7日(土)よりセンチュリーシネマにてROADSHOW


(C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED



#エーガね


《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス