映画『アントマン』 9/15(火)ジャパンプレミア・イベントREPORT | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:


スパイダーマン、アイアンマンなど、数々の魅力あふれるキャラクターを生み出してきたマーベル・スタジオが放つ身長わずか1.5cmに変身する“最小”ヒーローが大活躍する映画『アントマン』。



全世界で話題沸騰の『アントマン』の日本公開(9月19日)を直前に控え、『アントマン』最小最強ジャパン・プレミアが 六本木の EX THEATER で開催。今回が初来日となる、マーベル史上最もユニークなヒーロー・アントマン を演じた主演のポール・ラッドと、映画『イエスマン』などで知られるペイトン・リード監督、そして日本語版で 強さと美しさを兼ね揃えた、アントマンの指南役=ホープの声優を務めた内田有紀さん、アベンジャーズの一員となったファルコン役声優の溝端淳平さん、そしてスコット(アントマン)の親友で明るく憎めないルイス役声優の ブラックマヨネーズ小杉竜一さんの豪華メンバーが登壇し、会場には映画を楽しみにしていたファン400人が集結。さらに会場には、アリと共に戦うというアントマンのユニークな能力にちなみ、アント隊隊長、烏龍パークが約 100人のアント隊も率いて登場。小さくても大きな存在感を放つ、抜群のチームワークから生み出される最強の アントパワーで会場を盛り上げ、キャストの到着を待ち構えた。

REPORT



まず会場に姿を現したのは、日本語版の豪華声優の面々。まずブラックのスーツを着こなし、女性ファンの黄色 い声援の中登場したのは、ファルコンの日本語版声優を務めた溝端淳平さん。続いて、ルイスの日本語版声優を務 めたブラックマヨネーズ小杉竜一さんが登場し、会場は更にヒートアップ!日本語版声優のトリを飾ったのは、ホ ープ役の声優を務めた内田有紀さん。ブラックドレスを身にまとった内田さんは、強さと美しさを兼ね備えたホー プのイメージをそのままに、クールビューティーな魅力で集まったアント隊やファンの方々を魅了。日本語版声優 3名がステージ上に揃い、客席に向けて手を振ると、早くも会場は大盛り上がりとなった。当初ファンに圧倒され ていた3人だったが、その後は和気藹々とした掛け合いをしながらメディア取材を受けながらレッドカーペットを 進んだ。

続いて登場したのは、映画『イエスマン』などで知られるペイトン・リード監督。初来日とあって、日本のファ ンに手を振ったり、握手をしたりするなど交流をしながら、ステージ上に登場!日本のファンの温かい声援で迎え られたペイトン・リード監督は、笑顔で手を振り、ファンの声援に応えていた。

そして最後に、アントマンを演じた主演ポール・ラッドが登場すると、会場の熱気は最高潮に!アントカラーの ブラックスーツを着こなしたポール・ラッドは、今回が初来日とあって、彼に会いたい!と会場に詰めかけたファ ンたちの大熱狂に、1つ1つ丁寧に、手を振り、握手をしたり、サインをしたりなど、大サービスをしながら、ス テージ上に登場!その紳士な対応に会場のファンたちからは歓喜の声が聞こえ、ポールの人柄に魅了されていた。 メディア取材に答えながらも、静かに待機するアント隊を気遣うポール・ラッド。歓声を煽ったり抑えたりをしながら、ファンとの交流を楽しんだ。 サウンドバイツが終わると、来日キャストのポール・ラッド、ペイトン・リード監督、そして日本語版声優の内田有紀さん、溝端淳平さん、ブラックマヨネーズ小杉竜一さんの豪華メンバーが再びステージ上に登場!すると、 待っていました!とばかりにファンも再びヒートアップ!!ファンの「わー!!!」という大熱狂に思わず、ポー ルも監督も「ワオ!!!」と驚いていた。キャストの面々は大声援に笑顔で手を振り応え、和やかな雰囲気の中、ステージイベントが始まった。

初めて日本語版声優に会った印象を聞かれたペイトン・リード監督「皆さん、イメージぴったりだよね。あった時にすぐどの人がどの役をしているかわかったよ。なかなか他の国の吹き替えキャストに会うことなんてないか ら、本当にうれしいですね!本当にぴったり!」と応え、今回が初来日のポール・ラッド「コンバンハ、アリガ トウ。ラーメン食べました。寿司、ヒーハー!!」と語るとすかさず、小杉さんは「えー!!ヒーハー!?」とツ ッコミ、会場大爆笑!!続いてポールは、「いろいろ車で東京内移動してたんですけど、いま自分がどこにいるの か…よくみなさん迷子にならないですね。こうやってみなさんに会えたこともうれしいです。それから親友のルイ ス、最初は仲悪かったけどホープ、監督は置いておいて、(劇中では)いろいろあったけどファルコンも、皆さん と一緒にいられて、そして今は劇中と同じくアリのみなさんに囲まれて。本当にみなさん、愛してます!!映画も 気に入って頂けると嬉しいな。」と会場にいる誰もがポールの素敵な言葉に魅了された。
この日はアントマンの相棒であるアリの格好をしたアント隊がステージ後ろにずらっと並び、キャストたちをお 出迎え。イベントも盛り上げる対価として角砂糖をもらっているというエピソードにペイトン・リード監督「このまま映画に出られそうですね!」と語り、ポール・ラッド「このメンバーで、アントマン2、だね!」と 2 人 で大喜び!ブラックマヨネーズ小杉さんが「この人たち、全然言うこと聞くわけないやろ!?」とツッコむと、さ らにペイトン・リード監督「じゃあ角砂糖2つあげるよ!!」と切り返すなど、思いがけない息の合った掛け合いに、会場中が笑いに包まれた。 また本日初めて会ったポールの印象を聞かれた内田有紀さんは、「日本の女性の心をつかむのがうまい!!この笑顔見てくださいよ、チャーミングですよね。スコットそのままの本当に気さくな方で、お会いできてとてもうれ しいです。」と語り、ポールはすかざず、ハグ。その紳士的な対応にファンからは「キャー!!」と歓声が上がっ た。アントマンの魅力について聞かれた溝端淳平さんは「親しみやすいヒーローかなと思いますね。娘のために頑 張るお父さんですし、ちょっと冴えないところもいいですよね。1.5 ㎝の小さくなっても強いっていう、娘の部屋 での戦いとかすごく迫力あるのに、笑える部分もあり、非常に面白いですよね。」とキャラクターの魅力を精一杯アピールした。 そしてチャーミングなルイスに見た目もそっくりのハマり役だと大評判のブラックマヨネーズ小杉さんは、今回あの代名詞ともいえるセリフをアントマンに取られたことについて、「ヒーハー!一本やりでやってきた僕ですが、 本編見たら、スコットがヒーハー!って言っていて、これは完全にパクられたなと。でもポールさんの人の好さと いうか、もう素敵すぎて、ヒーハー!はおれのもんじゃないんだな、と。今はもう快く送り出している感じですね」 と語るとポール・ラッド「ヒーハー!は君のだよ。僕がヒーハー!!を言うときは毎回君にオマージュをささげ ているんだよ!」と素敵すぎるコメント。それを聞いた小杉さんは、「こんなサービス精神ある人います!?どう 考えても、俺がアメリカのヒーハー!て勝手に言うてるだけですよ!!」と驚きを隠せない様子だった。しかしス テージ上のキャスト全員に促され、ここぞとばかりに大きな声で「アントマン最高の映画です、ヒーハー!」を全力で披露し、会場中から大歓声と大爆笑が巻き起こった! 最後にポール・ラッドの「レディ!」を合図に、『最小!』→『最強!』→『アントマンー!』の掛け声と共に、後ろのアント隊がパネルを使った文字を作る演出を披露。同時に特効によって舞い散る金銀のテープが会場を覆い つくし、豪華メンバーを迎えたジャパン・プレミアは華やかに幕を閉じた。

『アントマン』2015年9月19日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW



公式サイト

(C)Marvel 2015

シーツーWEB版に戻る

#エーガね #C2シネマ情報局

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス