江口洋介・本木雅弘・堤幸彦監督『天空の蜂』名古屋舞台挨拶レポート | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:


原発問題をはじめ、テロの脅威、自然災害など、大きなリスクと課題に直面している現在の日本。日々の暮らしを守るためには、何を選択しどのように生きるべきなのか。日本の誇る「モノづくり」の技術がもたらした恩恵と危険性、その意味を知った今、どのようにそれらと付き合っていくのか。そして、未来を担う次の世代に何を遺すのか――。本作は1995年に生み出された≪フィクション≫だが、20年前に発せられた数々の問題提起が、今また異なる意味をもって、2015年を生きる我々の心に訴えかけてくるサスペンス大作。



今回、公開前の名古屋キャンペーンで、主演の江口洋介、本木雅弘、堤幸彦監督の3人が来名し、ミッドランドスクエアシネマで舞台挨拶が行われた。その模様をレポート!

舞台挨拶レポート



『天空の蜂』2015年9月12日(土)より、ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト


(C)2015「天空の蜂」製作委員会

シーツーWEB版に戻る

#エーガね
#C2シネマ情報局

《モット映画!》カワモトアキラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス